フロム・ソフトウェアが「複数の新規プロジェクト」でスタッフを募集中(IGN JAPAN)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:IGN JAPAN

『ELDEN RING』や『DARK SOULS』の開発元であるフロム・ソフトウェアが求人サイトを公開し、さまざまな職種でスタッフを募集している。サイトには「複数の新規プロジェクト」に取り組んでいると書かれているため、現在は複数のゲームが開発中のようだ。

「ELDEN RING」画像・動画ギャラリー

採用ページには、「フロム・ソフトウェアでは、複数の新規プロジェクトの中核を担う開発スタッフを募集しています。世界中のプレーヤーに楽しんでいただける『価値』のあるゲームを、一緒に作りましょう」というメッセージが書かれている。
掲載されているのは、ゲームデザイン、プログラミング、アートデザイン、グラフィックデザイン、アニメーション、ビジュアルアート、ムービーデザイン、テクニカルアート、サウンド、プロダクションサポート、開発サポート、営業など22の職種だ。つまり、これはフロム・ソフトウェアにとってかなり大規模な採用活動になっている。
そのなかにはR&D;(研究・開発)も含まれており、少なくとも1つのプロジェクトはまだごく初期の段階にあることを示唆している。

フロム・ソフトウェアは、発売後1カ月で1300万本以上を売り上げた『ELDEN RING』の大きな成功を受け、勢いに乗っているだろう。そうなると、現在進行中の複数のプロジェクトのなかに『ELDEN RING』のDLCが含まれている可能性もある。追加コンテンツは正式に発表されていないが、プレイヤーはPvPに焦点を当てたDLCでアクセスできるようになると思われるエリアをゲーム内で発見されている。
もちろん、まったく新しいゲームも含まれているはずだ。『ELDEN RING』の続編は、その人気を考えると避けられないように思えるが、フロム・ソフトウェアファンは『Bloodborne』や『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』の続編(直接的であれ精神的であれ)に期待を寄せているだろう。
しかし、今年初めにリークした情報では、「アーマード・コア」シリーズの新作でシリーズに立ち返る可能性があることが示唆されている。なお、採用ページを見ると、キャラクター3Dグラフィックアーティストの具体的な業務内容に「メカのモデリング・テクスチャ制作」という記載があるほか、キャラクターデザイナーのページには応募資格として「キャラクターやメカのデザイン経験者(独学可)」という記述もある。もっともメカに関連した記述は過去の応募にもあるので(ウェブアーカイブ)、実際のところはよくわからない。ただ、今回のキャラクターデザイナーのページにある「※メカデザインが得意な方、歓迎します。」の文言が、期待をそそられるものであることもたしかだろう。

【広告】

日本最大級のビデオオンデマンド

                                    <U-NEXT>

無料トライアル実施中!




コメントは受け付けていません。