ベストセラー小説「ボクたちはみんな大人になれなかった」森山未來主演でNetflix映画化決定 2021年配信(映画.com)

出典元:映画.com

作家・燃え殻による小説「ボクたちはみんな大人になれなかった」(新潮文庫刊)を原作とする、同名Netflix映画の製作が決定、森山未來が主演を務めることがわかった。配信は2021年の予定。

 物語は、ある朝の満員電車の中で、昔の恋人に間違えてフェイスブックの友達申請を送ってしまった主人公「ボク」の混沌とした1日から始まる、過去と現在をSNSが繋ぐラブストーリー。「ボク」を演じる森山は、「“失われた10年”とも言われる1990年代。そんな不安定な時代に、恋に音楽に仕事に燃えたどこの馬の骨ともしれない主人公。過ぎ去った、その後には何が残っているのだろう。今になってその燃え殻をどう見つめるのだろう。視線をそむけようとも、ただ静かに見守るしかない。この物語にはエンドロールはひとつしかない、ですよね」とコメントを寄せた。

 監督は、犬童一心、阪本順治らの助監督を務めた後、企業CM、欅坂46やサカナクションなどのMVを手掛け、「恋のツキ」(18)でドラマ初監督を務めた森義仁。本作が映画監督としてのデビュー作となる。森は、「誰しも誰かに出会うことで自分を形成し、自分がみる風景を変えていく。そういうどこにでもある人生。森山未來さんが演じる主人公の人生と観ているあなたの人生が交差するような新しい感覚を持った映画にしたいと思います」と意欲を語っている。

 2016年に初版発行されて以来、世代を超えて共感の声が広まり続けている本作は、ウェブメディアの連載やSNS上で話題を呼び、原作の文庫本にエッセイを寄せたあいみょんをはじめ、糸井重里、小沢一敬、会田誠、吉岡里帆、EXITの兼近大樹ら様々なジャンルのクリエイターや著名人から絶賛された。多くの読者が、自分の経験や過去の想いと「ボク」のそれを重ね合わせ、90年代のカルチャーを懐かしみながら楽しめると様々な年代を魅了し続けている。

 Netflix映画「ボクたちはみんな大人になれなかった」は、2021年全世界配信予定。

コメント全文は以下の通り

▼森山未來(ボク役)

「失われた10年」とも言われる1990年代。

そんな不安定な時代に、恋に音楽に仕事に燃えたどこの馬の骨ともしれない主人公。

過ぎ去った、その後には何が残っているのだろう。

今になってその燃え殻をどう見つめるのだろう。

視線をそむけようとも、ただ静かに見守るしかない。

この物語にはエンドロールはひとつしかない、ですよね。

▼燃え殻(原作)

映像業界の裏方の仕事を20年以上やってきた者として、自分が書いた小説が映像化されることは、この上ない喜びです。2017年、深夜作業をこなしながら明け方寝る前に、この物語を少しずつ書き上げていったことを、脚本家の高田さんと森監督のシナリオを読みながら思い出しました。東京に圧倒されながらも、もがき続ける主人公、インターネットのない時代に文通で知り合ったヒロインのかおり。六本木の夜の天使、スー。社会の数にも入っていなかった頃に出会った同僚の関口。90年代、渋谷系といわれた音楽たちがあって、「裏原宿」という言葉に酔っていた人たちの物語。ノストラダムスの大預言がまだ健在で、何かが始まりそうで、終わりそうだった時代。簡単には過去にできない、過去にならなかったボクたちを、森山未來さんを含めた最高のキャストの皆さんで観られることを、今から楽しみにしております。

▼森義仁(監督)

燃え殻さんとはじめてお会いしたのは2年前の渋谷。山本プロデューサーと3人でこの小説の映画化が動き出しました。燃え殻さんの半自伝的なこの小説はエモいと話題になりましたが、そのエモさの裏にある文体には今の時代の村上春樹とでもいうような、映像では表現しづらい人間描写があり、そのニュアンスを大事にしたいと思いました。脚本作りは中々難しかったです。平成から令和という混沌とした時代をただただ生きてきた普通の主人公の25年間と向き合い続けた結果、出来上がった脚本は全く普通ではなく、今まで観たことのないような不思議な脚本になりました。普通の主人公だからこそ、絶対的な個性のある俳優に演じて欲しいと思いました。誰しも誰かに出会うことで自分を形成し、自分がみる風景を変えていく。そういうどこにでもある人生。森山未來さんが演じる主人公の人生と観ているあなたの人生が交差するような新しい感覚を持った映画にしたいと思います。

▼山本晃久(プロデューサー)

燃え殻さんの小説を初めて読んだ時、ある映画監督の映画たちを思い出しました。それは人生の脇道で悩み苦しむ人たちを、励ますように見つめる映画でした。燃え殻さんの小説にはそんな、どうしようもない状況にある人たちへのやさしいまなざしが読み取れました。そうした映画は今、この国で殆どつくられていないように思います。

あの頃に観たそんなまなざしを持つ映画を、今の感覚の人たちがつくるならどうなるのか。それはやはり新しい映画になるのだと思います。燃え殻さんの処女小説の主人公を、唯一無二の俳優である森山未來さんが演じ、才気溢れる森義仁監督がデビュー映画とする。それをみんなでつくり上げ、また観ることが、今から楽しみでなりません。一筋縄では行かない人生を送る多くの人たちに、届きますように。

▼坂本和隆(エクゼクティブ・プロデューサー/Netflixコンテンツ・アクイジション部門 ディレクター)

とても豊かな時間が流れている脚本に出会いました。それぞれの登場人物の中にある忘れられない記憶や大切な人たちの「想い」が普遍的な感情として紡がれています。孤独などを感じ、これまで以上に他人との繋がりが求められるこの時代に、改めていま皆さんにお届けすべき作品だと実感しております。森義仁監督のデビュー映画をNetflix
としてご一緒できることに心から楽しみです。

【広告】

あなたの切手、

あなたが満足する価格で買い取ります。

不要な切手の買い取りなら

がおすすめ



コメントは受け付けていません。