ヨコオタロウはじめ「NieR」や「ドラッグ オン ドラグーン」シリーズのクリエイター陣による新作RPG『Voice of Cards ドラゴンの島』が発表!ジャンルは「すべてカードの脳内再生RPG」(IGN JAPAN)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:IGN JAPAN

スクウェア・エニックスは新作RPG『Voice of Cards ドラゴンの島』を発表した。制作陣には「NieR」や「ドラッグ オン ドラグーン」シリーズを手掛けたクリエイター4名、ヨコオ タロウ、齊藤 陽介、岡部 啓一、藤坂 公彦が名を連ねている。発表にあわせ、公式サイト、ティザートレーラー、公式Twitterアカウントが公開された。

本作のプラットフォームは明らかになっていないが、公式サイトの下部には「NOT a Social Network Game」と記載されておりスマートフォンタイトルの可能性は低い。また、クリエイティブディレクターを務めるヨコオタロウ氏によると、「ドラッグ オン ドラグーン」シリーズではないことも名言されている。

本作の公式ジャンルは「すべてカードの脳内再生RPG」と銘打たれている。ティザートレーラーなどを確認する限り、カードに物語のシナリオやセリフが書かれたものが登場する。選んだカードによって、物語が展開されていくようなノベルゲームの面が強いものになるのだろうか。
公式サイトには、「剣と魔法の世界で人間に仇成す魔物を倒しながら、『大いなる目的』を果たすべく旅をする」、「冒険者たちは洞窟に眠る『宝』を探しているようだ」など、本作のヒントになりそうな言葉が散りばめられており、どのような物語が待っているのか想像することができる。この時点からすでに「脳内再生RPG」がはじまっているのかもしれない。本作のさらなる詳細は、今後の続報に期待しよう。

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。

      楽譜が読めなくても30日で

  上達するピアノレッスンです。



コメントは受け付けていません。