ヨーロッパ企画の長編映画第2弾は京都を舞台にした“時間映画”(ステージナタリー)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:ステージナタリー

ヨーロッパ企画による長編映画の第2弾が制作されることが明らかになった。

ヨーロッパ企画は、2020年に初のオリジナル長編映画「ドロステのはてで僕ら」を制作し、世界各国の映画祭でさまざまな賞を受賞。上田誠が原案・脚本を手がけ、山口淳太が監督を務める第2弾は、京都を舞台にした“時間映画”となる。今後、京都でのロケ地が公募されるほか、クラウドファンディングも行われる予定だ。

【画像】上田誠(他2件)

上田は「ドロステのはてで僕ら」に言及しつつ、「自分たちとしては、確かな成果を得た実感があります。少しずつ、じわじわと。踏まえて。次もまた、時間映画を撮ります」と意気込みを語り、山口は「奇跡は2度は起こりにくいものです。奇跡のような作品を超える挑戦は、また苦難の道を歩むことになりそうですが、不安以上に昂るものがあります。新しい時間映画にご期待ください」とコメントした。

■ 上田誠コメント
ヨーロッパ企画でまた、映画を撮ります。

僕たちは舞台でそうしたように。映画でもひとつひとつ、自分たちのやり方を見つけていきたいと思っています。

思えばずっと前から、「ショートショートムービーフェスティバル」や「京都ニューシネマ」などの自主映画祭で実験を重ねたり。いろんな映像作品や、映画祭に参加させてもらったりと。

自分たちなりにトライアルアンドエラーを重ねてきたのだと思います。

僕らがとる映画は「まし」になってきて。長いものを撮れるようにもようやくなりました。

そうして撮った、初めての長編映画が、2020年に公開した前作「ドロステのはてで僕ら」です。

それは慣れ親しんだメンバー・スタッフと、京都ロケで「時間映画」を撮りました。

演劇で培ったやり方を生かすには、と考えて、長回しと、企画性の高いアイデアを選びもしました。

自分たちとしては、確かな成果を得た実感があります。少しずつ、じわじわと。

踏まえて。次もまた、時間映画を撮ります。

■ 山口淳太コメント
皆様のおかげで、ヨーロッパ企画でまた映画を作れることになりました。

前作「ドロステのはてで僕ら」は、出演者・スタッフひとりひとりの奮闘のはてに、生み出すことができた、奇跡のような作品だと思っています。そんな「ドロステ~」は、コロナ禍にも関わらず、国内外でたくさんの方にご覧いただき、たくさんのエールをいただきました。ご覧いただいた皆様、映画館の皆様、関わってくださった全ての方々に感謝いたします。

奇跡は2度は起こりにくいものです。奇跡のような作品を超える挑戦は、また苦難の道を歩むことになりそうですが、不安以上に昂るものがあります。新しい時間映画にご期待ください。

【広告】 更年期?

《経典薬方》六味地黄丸

・膝や腰に緩みまたは痛みを感じる方に
・口腔の潰瘍がある方に

膝・腰の緩みと痛み、口腔の潰瘍の改善に

コメントは受け付けていません。