ルーマニアの鬼才が放った問題作『野蛮人として歴史に名を残しても構わない』予告編(オリコン)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:オリコン

映画配信サービス「JAIHO(ジャイホー)」にて4月16日よりプレミア配信開始となる、映画『野蛮人として歴史に名を残しても構わない』の予告編が到着した。

【動画】『野蛮人として歴史に名を残しても構わない』予告編

 本作は、ルーマニアの鬼才ラドゥ・ジューデ監督が、2018年に発表した問題作。この大胆かつ挑戦的なタイトルは、第二次世界大戦中のルーマニアの国家指導者アントネスク元帥が1941年7月8日の閣僚評議会で実際に述べたとされる言葉からの引用で、1941年8月に現在のウクライナ南部に位置するオデッサで起きたルーマニア軍による市民の虐殺という題材を、ルーマニアの負の歴史を再構築しようとする演出家マリアーナの視点で鋭くえぐり出す。

 ラドゥ・ジューデ監督は、JAIHOで配信中の『アーフェリム!』(2015年)で「第65回ベルリン国際映画祭」銀熊賞(監督賞)、パンデミック下であぶり出される人間の性を描いた衝撃作『アンラッキー・セックスあるいはいかれたポルノ』(2021年)で「第71回ベルリン国際映画祭」金熊賞を受賞。

 なお、『アンラッキー・セックスまたはいかれたポルノ 監督〈自己検閲〉版』は今月23日より東京・渋谷のシアター・イメージフォーラムほか全国で順次公開される。この春は、ラドゥ・ジューデ監督の日本初公開となる旧作を含む傑作が配信と劇場で一気に楽しめるタイミングとなった。

【広告】

              ふとんクリーナーのパイオニア

レイコップ

・レイコップだけの特許技術「光クリーンメカニズム」
・UV+たたき+吸引の3ステップで、効果的にハウスダストが除去できる!
・ハウスダスト除去率は3分90%以上!
・実感できる楽しさ、よく見えダストボックス
・実際ハウスダスト取れてるの?… 一目でわかるダストボックスを採用!




コメントは受け付けていません。