ワイヤーアクション級の戦闘シーンに興奮!仲田博喜主演の舞台「プレイタの傷」観劇レポート(チケットぴあ)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:チケットぴあ

11月12日(木)に京都で開幕した舞台「プレイタの傷」が、同月18日(水)にヒューリックホール東京にて東京公演をスタート。本番前夜に行われたゲネプロの模様をレポートする。

<その他の舞台写真>仲田博喜主演の舞台「プレイタの傷」観劇レポート

舞台「プレイタの傷」は、ドラマCD、コミカライズ、声優配信番組などを展開してきた「PROJECT SCARD(プロジェクト スカード)」第8番目のプロジェクト。2021年1月のアニメ放送を得て、注目のコンテンツとなっている。物語の舞台は国から見放され無法地帯と化してしまった東京・暁特区。神獣の力を宿すディヴァイン・タトゥーを持つ「スカード」たちの生き様を描いた作品である。

争いの絶えない暁特区で『暁の英雄』と呼ばれる嵐柴エイジ役を務めるのは仲田博喜。公演前には「それぞれの守りたいものや思いが交錯していくストーリーの中で、舞台だからこそ見せられる表現をテンポよく展開していき、それぞれのタトゥーを駆使しての戦闘シーンなども見ものです」と、熱く意気込みを語ったが、実際の上演はまさに有言実行。華麗な二丁拳銃さばきを披露し、臨場感たっぷりの戦闘シーンを連発。日常シーンでは粋で優しい兄貴オーラを振りまいて、殺伐とした世界に温かみを放った。

また、エイジの意思を引き継ぐ甲斐ヤマト役の菊池修司の活躍ぶりも負けてはいない。驚くほどの跳躍力を繰り出し、敵の背中に飛び乗ってくるりと回転するアクロバティックなバトルシーンは、ワイヤーアクションかと錯覚させるほどに華麗。傷ついても立ち上がる正義感があふれる眼差しが感動を呼ぶ。

エイジの弟の嵐柴カズマ役のTAKAは、若さあふれるキャラを瑞々しく演じ、茶木縞カガミ役の正木郁は、知的かつ神秘的な魅力を振りまいた。

また彼らのチーム「ヘリオス」と敵対する「アルテミス」の双翼を演じた鷲峰ラン役の平賀勇成と烏末ジン役の田淵累生は、光のエフェクトを活かした迫力のコンビネーションバトルを炸裂。「公安特務」の龍眞コウガ役の小波津亜廉と、虎尊イツキ役の山上佳之介は一癖あるキャラをリアルに表現し、アニメから飛び出してきたかのような2.5次元特有の魅力を発揮した。

同名アニメの第1期13話分を約2時間に凝縮した複雑な物語ではあるが、ヤマトがストーリーテイラーとなってわかりやすく伝えてくれるので、原作を知らなくても問題なし。むしろ、原作を知らない方が衝撃的な展開を純粋に楽しむことができるとも言える。

ニューヒーローたちの今後の活躍にも期待したい!

取材・文:浅水美保

【広告】

手ブラ寄せ機能で自然な谷間

            タニマドンナ

↓  ↓  ↓

補整下着の専門通販
HEAVEN Japan公式オンラインショップ

コメントは受け付けていません。