三宅健主演『陰陽師』、美しすぎる本ビジュアル解禁(クランクイン!)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:クランクイン!

三宅健が主演し、2022年2月から3月にかけ東京 ・新橋演舞場と京都 ・南座にて上演される舞台『陰陽師 生成り姫』より、あでやかな姿のキャスト陣がすらりと並んだ本ビジュアルが、全キャストと共に解禁された。

【写真】『陰陽師 生成り姫』、発表された追加キャスト

 本作は、夢枕獏による同名小説の舞台化。脚本をマキノノゾミ、演出を鈴木裕美が務める。

 新たに発表となった出演者は、蘆屋道満役に木場勝己、蜜虫役に岡本玲、火丸役に佐藤祐基と、演技派の面々が集結した。

 本公演のチケットは、2022年1月16日10時より一般発売開始となる。

 時は平安時代。満月が美しい夜、安倍晴明(三宅)と源博雅(林翔太)は酒を酌み交わし、いつかの姫の話をしていた。それは12年前の堀川橋のたもと。夜、博雅が笛を奏でると、いつも決まって対岸に牛車が現れた。ある日、対岸の牛車の中から博雅の笛の音に相和して、琵琶が奏でられた。夢の中にいるような心地良さを感じた博雅だったが、その琵琶を奏でていた美しい姫(音月桂)は、こよいが最後と言い残し、名前も告げずに去って行ってしまうのだった。

 そんな話をした3ヵ月後、晴明と博雅のもとに盲目の法師が壊れた琵琶を持って訪ねてくる。それこそがあの時の姫が弾いていた“飛天”であった。姫に何かあったのではと心配した博雅は、晴明の提案で、あの堀川橋のたもとで再び笛を奏で始める。すると、月明かりの中に美しい姫が現れた。姫は博雅に“徳子”と名乗り、「どうかお助けくださいまし」と伝えて消えてしまう。晴明とかねてより術比べをしてきた蘆屋道満(木場勝己)にたきつけられ、徳子姫は鬼と成りかけていたのだった。晴明と博雅は助けようとするのだが―。

 舞台『陰陽師 生成り姫』は、東京公演が新橋演舞場にて2022年2月22日~3月12日、京都公演が南座にて3月18~24日上演。

【広告】

おいしく・楽しく

                                【カロセーブ】

健康的にダイエット

↓   ↓   ↓

【カロセーブ】で置き換えダイエット!

コメントは受け付けていません。