三浦建太郎さん幻の初期作『王狼』リバイバル連載開始 紹介は80ページ掲載(オリコン)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:オリコン

漫画『ベルセルク』などを執筆し、今年5月6日に急性大動脈解離のため、54歳で亡くなった漫画家・三浦建太郎さん幻の初期作『王狼』(原作:武論尊)が、13日発売の『ヤングアニマルZERO』(白泉社)でリバイバル連載開始する。初回は80ページで掲載。

【画像】忽然と姿を消した一人の歴史学者・伊波

 『王狼』は、1989年からヤングアニマルの前身である『月刊アニマルハウス』にて連載された作品。その後、続編である『王狼伝』が同誌にて発表され、1998年に白泉社文庫から二作を合本し『王狼伝』というタイトルで出版された。

 白泉社のヤングアニマル編集部は「この度、三浦建太郎先生の逝去に際し、中々目に触れる機会のない先生の初期作を、読者の皆様に届けられたらという思いから、リバイバル連載の企画を進めました」と説明。

 「快く本企画にご承諾頂きました原作者の武論尊先生、並びにスタジオ我画の皆様に、御礼申し上げます」と伝え「そして、素晴らしい作品の数々を残された三浦先生の画業に、改めて最大の敬意と感謝を表します。30年以上前に描かれ、まるで現在の異世界転生モノを先読みしたかのようなストーリー、そしてどこか『ベルセルク』の筆致を彷彿とさせる本作を、是非お楽しみください」とコメントした。

【広告】 更年期?

《経典薬方》金匱腎気丸

<

・足のむくみを取りたい方に
・足腰が弱ってきたと感じる方に

腰や膝の痛みや衰え、足のむくみなどの改善に

コメントは受け付けていません。