上地雄輔“釣り”の才能開花 プロ驚きのミラクルも「釣れちゃいけないのに釣れる」(オリコン)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:オリコン

俳優の臼田あさ美(37)、太田莉菜(34)、上地雄輔(43)が1日、BSテレ東のドラマ『ちょい釣りダンディ』(4日スタート、毎週月曜 深0:00)Zoomオンライン記者会見に登場。実家の目の前が海で、祖父が船乗りだったにもかかわらず、これまで釣りをあまりやったことがなかったという上地が、今回その才能を開花させたことを明かした。

【写真】阿鬼乱太先生が描いた上地雄輔&臼田あさ美&太田莉菜の似顔絵

主人公の臼田が勤める建設設計事務所の社長を演じる上地は、釣りがあまり得意な役ではなかったというが、「実は3人で一番釣りが上手だった」と告白。臼田も「本当に釣れるんですよ、釣れちゃいけないのに釣れるんですよ」と驚いたと明かし、上地も「本番中に食っちゃって、釣れていないフリをする」と撮影を振り返る。

 一緒の釣りのシーンで「天才的なミラクルがあった」と太田が明かすと、上地は「釣りの先生とかもどうやって釣ったんですかって聞かれるくらい本番中もバカバカつれちゃって」と興奮し、「目覚めました」と釣りの才能が開花したことを語った。

 会見には、OP曲を担当したC SQUAREDとED曲を担当したB.O.L.Tも登場した。

 主人公の檀凪子(臼田/通称:ダンディ)は、会社帰りや仕事の合間など空いた時間で釣りを楽しむ“ちょい釣り”女子。釣りができそうなスポットを見つけては、図面ケースに忍ばせた釣具を取り出し、釣りを始める。そして釣った魚を新鮮なうちに美味しく食べるのも、釣りの醍醐味。釣りを通して人生を楽しむ女性を描く。

【広告】

【ファイテン公式】

 RAKUWA磁気チタンネックレスで

コリを緩和!




コメントは受け付けていません。