中島裕翔『純愛ディソナンス』、人生初挑戦のピアノシーン写真公開 練習用にピアノも購入(クランクイン!)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:クランクイン!

Hey! Say! JUMPの中島裕翔が主演する7月スタートのドラマ『純愛ディソナンス』(フジテレビ系/毎週木曜22時)より、本作がピアノ初挑戦となる中島の演奏シーンを捉えた写真が公開された。

【写真】ピアノの下に隠れ演奏する正樹(中島裕翔)を見つめる冴(吉川愛)

 本作は、新任音楽教師・正樹(中島)と生徒・冴(吉川愛)の“純愛”を軸に話が進む完全オリジナルストーリー。常にタブーと背中合わせな2人の純愛が次第に周囲を巻き込み、やがて“ディソナンス=不協和音”となりドロドロな展開を生み出していく。

 中島が音楽教師役を務める今作では、中島が人生初のピアノに挑戦することも大きな見どころとなっている。公開されたシーン写真は、真剣なまなざしで黙々とピアノを弾く正樹の姿。そしてピアノの下に隠れる冴の写真は、2人が夜の音楽室で出会う瞬間を象徴的に描いたシーンだ。この音楽室での出会いから、正樹と冴の純愛が始まり紡がれていく。

 今作の撮影スタートにあたり、ピアノの猛レッスンを重ねた中島。ピアニスト・森下唯氏からの指導だけでなく、自らピアノを購入し自宅での練習にも励んでいるとのこと。ピアノと本気で向き合ってきた正樹という人物の役作りのため、ただ“弾く”だけでなく演奏する際の所作や鍵盤への体重のかけ方など、初心者とは思えないほどの気配りを見せている。

 そんな猛練習の結果、現場スタッフも中島の演奏シーンを大絶賛。正樹の演奏を一番近くで見守る冴役の吉川も「初心者の方が弾くようなレベルではない曲なのに、現場で撮影を重ねるたびにうまくなっていくのがわかるんです。所作も本当に音楽の先生みたいで…」と、中島の特訓の成果をたたえた。

 中島は「ちゃんと自分で弾いています。準備期間が限られている中での練習でけっこう大変だったのですが、正樹の弾く音楽というのは正樹と冴ちゃんにとっての重要なテーマソングになっていきます。それをいかに自分のモノにできるかが課題でした。でも本当にピアノはゼロからだったので、弾き方から所作や立ち振る舞い、指への体重の乗せ方など細かいところまで先生に教えていただいたんです。自宅では先生が弾いている手元の動画を見たりと、ダンスの振り付けを入れていくような感覚でした」と語っている。

 木曜劇場『純愛ディソナンス』は、フジテレビ系にて7月より毎週木曜22時放送。

※中島裕翔コメント全文は以下の通り

【広告】

何か新しい事に

チャレンジしてみたら?

週末を利用して体験旅行はどうですか?

新しい趣味が見つかるかも。

旅行先での遊び や、

週末の おでかけ 先をお探しなら

日本最大級のレジャー総合情報サイト

              「asoview!(アソビュー)」

にお任せ。

↓   ↓   ↓



コメントは受け付けていません。