中村倫也「ハケンがとれる」特大スマイルで猛アピール! 吉岡里帆は「自信作」としみじみ(映画.com)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:映画.com

直木賞作家・辻村深月氏の人気小説を実写映画化する「ハケンアニメ!」の完成披露上映会イベントが4月14日、東京・有楽町の丸の内TOEIで開催され、吉岡里帆、中村倫也、尾野真千子、メガホンをとった吉野耕平監督、原作者の辻村氏が登壇した。

【フォトギャラリー】中村倫也の特大スマイルも飛び出した「ハケンアニメ!」完成披露上映会イベントの模様

 本作はアニメ業界で、“最も成功したアニメ”の称号「覇権(ハケン)」を手にするべく奮闘する人々を描いたお仕事映画。吉岡が地方公務員からアニメ業界に飛び込み、監督として成長していく主人公・斎藤瞳、中村がスランプ中のスター監督・王子千晴を演じる。さらに瞳を振り回す敏腕プロデューサー・行城理役の柄本佑、王子の才能に人生を懸ける名プロデューサー・有科香屋子役の尾野らが共演した。映画館には瞳と王子がそれぞれ監督を務める劇中アニメ「サウンドバック 奏の石」「運命戦線リデルライト」のポスターなどが掲出され、イベントを華やかに彩った。

 冒頭で「自信作です」と胸を張った吉岡は、演じた役と自身の共通点を問われ、「瞳は新人アニメ監督。自分のなかでは『こんな作品が作りたい』という熱い思いがあるんですが、うまく伝えられない。その部分は同世代なので、よく分かります。もっともっと燃えているんんだけれど、ちょっと冷めて見られるんです」と分析していた。

 中村は、吉野監督とタッグを組んだ「水曜日が消えた」の撮影の終盤で、「中村さんにぴったりの役がある」と、王子役をオファーされたという。「原作を読んでみたら、『(王子は)めちゃめちゃかっこいい役じゃん。これ、俺にぴったりなの(笑)?』と。仕事へのスタンスや、シンプルで筋道が立っている感じが共感できるなと思ったんですが、吉野監督が僕のどこに王子っぽさを感じたか聞いていなかったので、いま教えてください」と、真っ直ぐな瞳で質問。吉野監督は、「カメラが回っていないところで、こういう(肩の力が抜けた)感じなのが好きだなと思って……」と、なぜか“告白”し、中村は「キュンとしました」と笑顔を浮かべていた。

 この日は中盤で、原作者の辻村氏が登場。辻村氏は、王子役として中村のキャスティングを熱望していたそうで、決まったときは「やったあ!」と叫んだそう。さらに吉岡には、「『吉岡里帆の映画を見る』という思いで映画を見始めたんですが、開始2分で吉岡さんだということを忘れるくらい、『瞳だ』と思いました。瞳の表情で、怒り方で、私の描いた瞳が成長していくと感じたんです。吉岡さんに怒りや喜びなどいろんな演技があるなかで、瞳だからこその表情をされていました。本当にありがとうございました」と、言葉に熱を込めながら感謝を伝えた。「すごく嬉しいです」と顔をほころばせた吉岡は、改めて本作への思い入れを語った。

 吉岡「自分が何年もこの仕事をしていて、心が折れそうになったり、『どうすればいいんだろう』と悩んでいたりしたことに、辻村さんの作品が解決策を教えてくれて。『もっと自分のことを信じていいんだよ』と背中を押されて、不安だった気持ちがどんどん解消されて、ほぐれていていくのを感じました。1本の映画を作る行為と、本編での1本のアニメを作るという思いが完全に重なって、映画館で見て頂ける幸せを感じたし、『好きなものがあればどんな状況でも頑張れる』ということを、原作から教えられたので、これからの人生でお守りになるような作品になりました」

 タイトルにちなみ、登壇陣が「自分がハケンをとれるもの」を発表するコーナーも行われた。尾野は「ビーフジャーキーを1袋食べる速度。すごく硬いんだけど、高速で、歯がグラグラになっても食べるんだから」と豪語し、吉岡と中村は大笑いしていた。

 続く中村は「今日のようなイベントで、最後のカメラに手を振る時間があるんですが、そのときのスマイル。ハケンをとれるんじゃないかと」と自信満々。「このあとやるので、『これはハケンをとれるな』と思ったら、溢れんばかりの拍手、おひねりなど、宜しくお願いします(笑)」といい、笑いを誘っていた。そして迎えた最後のカメラへの“お手振りタイム”で、吉岡と尾野の期待に満ちた眼差しのなか、中村は特大スマイルと貴族のようなお手振りで猛アピール。会場にはキャストたちの笑い声と、中村のリクエスト通り、観客の大きな拍手が溢れた。

 「ハケンアニメ!」は、5月20日から全国公開。

コメントは受け付けていません。