中村児太郎&中村隼人が「いぶき、特別公演」に向けて意気込み(ステージナタリー)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:ステージナタリー

去る4月4日に「いぶき、特別公演」の取材会が行われ、中村児太郎と中村隼人が出席した。

【画像】中村児太郎(c)GEKKO(他5件)

「いぶき、」は次世代の歌舞伎俳優のために企画された公演シリーズで、昨年6月に京都で第1回公演が上演された。今年1月に予定されていた第2回は新型コロナウイルスの影響で中止となり、このたび第3回公演が実施される。「いぶき、」中止公演を経て今回に臨む児太郎は「(共演する予定だった)みんなが後ろにいるという思いを背負って今回も取り組めたら」と決意を語り、初参加となる隼人は同世代が出演する「いぶき、」シリーズをうらやましく思っていたと明かした。

本公演では3本の歌舞伎舞踊が披露される。隼人が「雨の五郎」を、児太郎が「藤娘」を踊ったあと、2人は片岡仁左衛門・坂東玉三郎の当たり役でも知られる「二人椀久」に挑む。児太郎は「玉三郎さんにお話を聞きながら、隼人くんとの2人の世界を作ることを頑張っていきたい」、隼人は「幻想的な世界観が魅力の演目。児太郎君演じる(恋人の)松山大夫を愛しすぎて狂ってしまう椀久をお見せできたら」と抱負を語った。

児太郎は幼なじみでもある隼人に対して「彼の、人を引き付ける能力は、今回の『二人椀久』でも最大限に発揮されると思う。僕の中では今、一番認めてほしい人なので、1か月間彼と時間を共有するのが楽しみ」と言い、隼人は「(演目の)ジャンルは違っても、一座を率いるという同じ苦しみ、楽しさを味わった彼に言われると、同じ言葉でも格別の嬉しさがある。共演していない時期も彼の出演情報を観るだけで刺激をもらえ、彼がいなければ今の僕はないとさえ言える」と応えた。公演は6月1日に東京・観世能楽堂、4日に神奈川・横浜能楽堂ほかで上演される。

■ 「いぶき、特別公演」
2022年6月1日(水)
東京都 観世能楽堂

2022年6月4日(土)
神奈川県 横浜能楽堂

※千葉・石川・京都・愛知・大阪・福島・熊本・福岡公演あり。

□ 一、「『雨の五郎』長唄囃子連中」
出演:中村隼人

□ 二、「『藤娘』長唄囃子連中」
出演:中村児太郎

□ 三、「『二人椀久』長唄囃子連中」
出演:中村児太郎、中村隼人

【広告】 更年期?

《経典薬方》十全大補丸


・冷えや顔色の悪さが悩みの方に
・産後、体力が回復しない方に

発汗を伴うめまい、手足の冷えの改善に

コメントは受け付けていません。