乃木坂46・筒井あやめ&秋田汐梨、W主演舞台が決定『目頭を押さえた』(クランクイン!)

出典元:クランクイン!

乃木坂46の4期生・筒井あやめと女優の秋田汐梨がダブル主演を務める舞台『目頭を押さえた』が6月4日より上演される。

【写真】乃木坂46・筒井あやめ、歴代シングル衣装を着用

 『目頭を押さえた』は演劇界注目の実力派作家・横山拓也が戯曲を手掛けるパルコ・プロデュース公演。演出を寺十吾が務める。

 本作は、伝統的に林業を生業としてきた関西圏の山間のとある集落を舞台に、写真家としての才能を開花させていく高校3年生の遼と、その仲良しの従姉妹で同級生の修子の二人を軸に、その家族や教師たちの人間模様を描いた作品。2012年の初演以来、横山拓也が主宰する劇団iakuでも繰り返し上演されてきた。伝統と新しいもの、田舎と都会、平凡と非凡、死と生といった正反対の価値観が混在する中で、その間(あわい)を揺れ動く人物たちの葛藤に胸を揺さぶられる、真摯(しんし)な人間ドラマだ。

 ダブル主演を務めるのは、乃木坂46の最年少メンバーとして唯一無二の存在感を放ち、グループのドラマやコントで光るセンスを見せる筒井と、Seventeenモデルとして活躍しつつ、話題作への出演が続き確かな演技力で注目されている秋田。共に単独舞台出演は初となる。仲良しの従姉妹同士で高校の同級生、という役柄を10代の二人がみずみずしく表現する。また、二人の関係に大きくかかわるキーパーソンの教師役に、舞台俳優としての実力を高く評価されている林翔太。ほかに、梶原善、山中崇、枝元萌、橋爪未萠里、大西由馬とった実力派がそろった。

 遼役の筒井は「私は演技経験が少なく、乃木坂46メンバーのいない舞台も初めてのなか、さらにW主演ということで緊張と不安がありますが、共演者の方から刺激をいただきながら沢山の事を学んで、杉山遼としての一瞬一瞬を楽しめたらなと思います。どきどきする様な展開を見ている皆さんに感じていただけるよう、精一杯頑張ります」と意気込み。

 一方、修子を演じる秋田は「今回、筒井あやめさんとは初めてご一緒しますが年下とは思えないほどの落ち着きと雰囲気を持った方で、役のイメージにぴったりだな、と思いました」と筒井の印象を語り、「私が演じる役は、いつも明るく元気な子ですが、複雑な気持ちを抱く場面もあるので、そんな感情の変化を繊細に表現していきたいなと思います」とコメントしている。

 『目頭を押さえた』は東京芸術劇場・シアターイーストにて6月4日~7月4日に上演。7月6日、7日に大阪・サンケイホールブリーゼにて上演。

【広告】

レイコップ

・レイコップだけの特許技術「光クリーンメカニズム」
・UV+たたき+吸引の3ステップで、効果的にハウスダストが除去できる!
・ハウスダスト除去率は3分90%以上!
・実感できる楽しさ、よく見えダストボックス
・実際ハウスダスト取れてるの?… 一目でわかるダストボックスを採用!




コメントは受け付けていません。