乱交イベントでクラスター発生、41人感染確認 米ルイジアナ州(Rolling Stone Japan)

出典元:Rolling Stone Japan

コロナウイルスの影響でアメリカの性産業は大打撃を受けた。その一方、 SNSを利用したストリップクラブ、Zoomを使った自慰サークルなど、デジタルの領域でクリエイティブな進化を遂げた。

【画像ギャラリー】極悪ポルノ男優の所業、女優たちが怒りの声

だが当然のことながら、人との肌のふれあいをオンラインで成立させるのは難しく、現在アメリカで感染者数が再び増加しているにもかかわらず、たとえ代償を払うことになっても、何らかの形でリアルな性生活に戻りたいと必死な人々もいる。

乱交イベント「Naughty N’Awlins」の主催者ボブ・ハナフォードさん(54歳)は、最近身をもってこのことを学んだ。「1998年以来、全米でもっとも人気のライフスタイルと乱交のコンベンション」と宣伝されたこのイベントは、11月にルイジアナ州ニューオーリンズで開催された。その結果、参加者41人がCOVID-19検査で陽性判定を受けたと自身のブログに投稿した。陽性率は約13%だったという。

「もしあの時こうなることがわかっていたら、イベントは開きませんでした」とハナフォードさんはブロクに書いた。「とても心苦しいです。全員が100%回復するまで、私の胸に重くのしかかるでしょう」

ハナフォードさん曰く、開催については何カ月も熟考を重ねたそうだ。このコンベンションは例年2000人以上が参加するという。当初は7月に開催を予定していたが、11月はニューオーリンズの感染件数が比較的低く、経済再開も第3段階に入っていたことから(その後、ここ最近の感染者の急増により再び第2段階に逆戻りした)、最終的に11月の開催に踏み切った。「開催できるのか、はたまた倫理的にどうなのか、とみな悩んでいました」と彼はブログに書いている。「私たちも開催までの数週間、何度も何度も自問しました」

コンベンション開催の決定はソーシャルメディアで批判を受けたものの、ハナフォードさんはウイルス専門学者と協力して、体温チェックやマスク着用義務など(飲食時を除く)各種対策を講じた。また、参加者には事前に検査を受けるよう強く奨励し、COVID-19の抗体がある人や検査で陰性だった人が識別できるよう、リストバンドで色分けしていたそうだ。「可能な限り安全なイベントにできたと思っています」。11月14日、彼はNola.comに対してこう述べた。

【広告】

↓  ↓  ↓


コメントは受け付けていません。