井上芳雄と鈴木浩介がバディ役のミステリー、大阪公演間もなく!(チケットぴあ)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:チケットぴあ

人気シリーズ“日本文学シアター”でおなじみの劇作家・北村想、演出・寺十吾(じつなしさとる)コンビが、北村の新たなオリジナル戯曲のミステリー『奇蹟 miracle one way ticket』を上演。記憶を無くした名探偵と、その親友が主人公の探偵バディものだ。私立探偵・法水連太郎(のりみずれんたろう)を井上芳雄、彼を支える親友・楯鉾寸心(たてほこすんしん)を鈴木浩介が演じる。探偵の書置きを見て追いかけた楯鉾が深い森へと迷い込み、傷を負って眠る探偵を見つけ出す。が、目覚めた彼は記憶を無くしていて…という物語。もと乃木坂46の井上小百合やベテラン・大谷亮介らの共演で、出口が見えない“迷いの森”を舞台に描くミステリー。間もなく開幕する大阪公演を前に、上演中の東京から鈴木が来阪、作品の魅力や意気込みを語った。

【写真】『奇蹟 miracle one-way ticket』舞台写真はこちら

北村想の作品世界は通常のミステリーとは味わいが違う。依頼人が誰かもわからず、どんな事件が起こっているかもわからない状態から始まるミステリー。「これまで観たことのないタイプのミステリーに仕上がっています」と鈴木。「いろいろなミステリーのオマージュが入っていて、ミステリー好きにはたまらない作品になっていると思う」。そこに北村ワールドをよく知る寺十の演出が加わり、ミステリー通でなくても楽しめる舞台に。「子供の頃にワクワクしながら読んだ探偵小説のような実体験ができる舞台になっていて、お客様に見事にハマる瞬間を劇場で体感しています」。

鈴木は探偵の高校時代からの親友で医師という役を演じるとともに、冒頭から観客を物語へ誘い込むストーリーテラーの役割も担う。井上とのバディぶりも楽しいと評判。じつはふたりは同郷の福岡の高校で先輩後輩という関係だ。「すごい巡り合わせでご縁を感じます。信頼できる役者さんで、こんなに安心感のある舞台もなかなかないですね」。井上が歌を3曲披露するのも話題。「真近で毎日聴いていて心地よく、ほんとに上手。この煙に巻かれたような作品を全部まとめることができるのは、井上さんの歌の力です」と絶賛する。「劇場で迷いの森を一緒に歩くことができる、体験型のアミューズメントパーク的な雰囲気が作品の魅力。間違いなく大阪の方も笑って楽しめる参加型の舞台になっています」。

コロナ禍で東京公演は初日の延期を余儀なくされた。「お客様がいてくださることが、これだけ自分の勇気に変わるんだということを実感している舞台です。だから、余計にその時間をお客様と一緒に『奇蹟』の舞台で共有したい。無事に大阪公演の初日を開けるよう全力で舞台に臨みます。どうぞ、一緒に迷いの森へ迷いに来てください」。

公演は4月10日(日)まで東京・世田谷パブリックシアター、4月13日(水)から17日(日)まで大阪・森ノ宮ピロティホールにて。チケット発売中。

取材・文:高橋晴代

【広告】  漢方由来のヘアーケアー

防掉髪洗髪露(防屑配方)


・毛髪に残るフケが気になる方に
・健康的な頭皮と毛髪を維持したい方に

フケ防止用シャンプーです。
防掉髪護髪素(滋養修護)との併用がお勧め。

コメントは受け付けていません。