亜沙、2020年唯一のワンマンで時代の移ろいを歌い上げる(音楽ナタリー)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:音楽ナタリー

亜沙が12月19日に東京・神田明神ホールにてソロライブ「亜沙バースデーライブ2020~茜色の語った夢噺~」を開催した。

【写真】亜沙(撮影:岩佐篤樹)(メディアギャラリー他6件)

着物姿でステージに登場した亜沙は、冬の東京を舞台にした楽曲「明正フィロソフィー」でライブを開始した。リズミカルなベースを弾きながら艶やかなボーカルを響かせる亜沙は、この日のバンド編成を「亜沙バンド」と紹介。1年ぶりのバースデーライブであり、2020年唯一の単独公演に向けて気合十分の彼は「みんないくぞ!」と叫び、人気曲「浮気者エンドロール」の演奏へとつなぐ。この日の公演は会場のガイドラインに則った形で観客が招き入れられているほか、配信でもライブの模様が届けられており、亜沙はオーディエンスを煽りながらも「配信組!」とカメラに向けても呼びかけ、観る者すべてを巻き込んでライブを盛り上げていく。

楽器をアコースディックギターに持ち替えると亜沙はアコギ1本で「just close to you」をパフォーマンス。力強いストロークに乗せてエモーショナルな歌声を響かせて観客を魅了した。さらに彼はwacci「別の人の彼女になったよ」のカバーを披露し、ワンマンライブならではの幅広い選曲でオーディエンスを楽しませた。

バンドメンバー紹介のコーナーでバンドメンバーと自粛期間中に取り組んでいたことなどのトークを展開した亜沙は、今年の春の自粛期間中に発表された楽曲「平成が終わる日」でライブを再開。平成から令和へと切り替わる時代の移ろいを切なく歌い上げてみせた。ライブ後半、「新宿ソリチュード」「切望フェイクスター」といったアッパーチューンを熱唱した彼は、自身の代表曲「吉原ラメント」で会場内をさらに勢い付ける。最後に亜沙はライブタイトルにある「茜色の語った夢噺」という歌詞がつづられた「茜色フッテージ」を熱唱。計15曲を歌い終え、晴れ晴れとした表情で「ありがとうございました。亜沙バンドでした」と挨拶した亜沙は、バンドメンバーと共にステージをあとにした。配信はここで終了したが、亜沙はアンコールとして会場の来場者に向けて「黄昏昭和の駅前で」「To be continued」の2曲をパフォーマンス。計17曲を披露したところで、この日のライブの幕が閉じられた。

また本公演では3月3日に亜沙がニューアルバム「令和イデオロギー」をリリースすることが発表された。今作にはこの日のライブで披露された「平成が終わる日」「茜色フッテージ」「Just close to you」といった楽曲が収められる。

■ 亜沙「亜沙バースデーライブ2020~茜色の語った夢噺~」2020年12月19日 神田明神ホール セットリスト
01. 明正フィロソフィー
02. 明正ロマン
03. 浮気者エンドロール
04. 団地の日
05. nameless silent
06. just close to you
07. 別の人の彼女になったよ
08. 色恋
09. 平成が終わる日
10. 新宿ソリチュード
11. 木漏れ日メロウ
12. 切望フェイクスター
13. 吉原ラメント
14. 未来世ライフ
15. 茜色フッテージ
<アンコール>
16. 黄昏昭和の駅前で
17. To be continued

【広告】


令和元年

週末を利用して何か新しい事に

チャレンジしてみては?

SUPやパラグライダーなどのアウトドア体験

ハーバリウムや陶芸体験などのインドア体験

まずは体験プログラムに参加してみよう。

体験プログラムから本格的に始めちゃうかも

体験プログラムであれば装備・道具の心配

もなく気軽に参加できますよ。

    ↓   ↓   ↓

コメントは受け付けていません。