今田美桜、『ドクターX』続投 米倉涼子との再会に緊張&感激(クランクイン!)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:クランクイン!

女優の米倉涼子が主演する10月スタートのドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』第7シリーズ(テレビ朝日系/毎週木曜21時)に、女優の今田美桜が前シリーズから続投することが発表された。「東帝大学病院」の看護師・大間正子役を引き続き演じる。

【写真】今田美桜、ナース服はパンツスタイルに

 シリーズ最新作の本作では、狂言師・野村萬斎がフリーランス外科医・大門未知子(米倉)にとって最強の敵となる内科部長・蜂須賀隆太郎役で初参戦する一方、おなじみ『ドクターX』ファミリーの内田有紀、勝村政信、鈴木浩介、岸部一徳、遠藤憲一、西田敏行も再集結。100年に一度のパンデミックで新局面を迎えた日本最高峰の大学病院「東帝大学病院」を舞台に、未知子が新たな戦いへと身を投じていく。

 大間正子役の今田は「前回のラストで、正子は実家がある青森に帰った設定だったので、まさか続投できるとは思わなくて! 出演が決まったときは本当にビックリすると同時に、また皆さんとお会いできることが、すごくうれしかったです」と声を弾ませる。

 すでにクランクインしており、「撮影は相変わらず緊張します(笑)。今回は初日から『ドクターX』オールスターの皆さんが集結していたこともあって、さらに緊張しました」と、素直な心境を明かした。

 そんな今田の心をほぐしてくれたのが米倉。実は、現在放送中の共演CMでは撮影が別々だったため、実際に会うのは前回の『ドクターX』以来だったのだとか。そのため「初対面のときと同じくらい緊張していました」という今田だが、「米倉さんが気さくに『久しぶり!』と声をかけてくださって、ホッとしました(笑)。患者さんを思う気持ちが誰よりも強い大門先生同様、米倉さん自身もとてもカッコよくて優しい方です!」と、感激冷めやらぬ様子だった。

 今田が演じる正子は、看護師として高い志を持つ頑張り屋だが、新人だった前シリーズでは青森の実家に仕送りをするため、他病院やガールズバーでの夜間バイトにも励んだせいで、ミスを連発。当初はまだまだ半人前だったが、未知子のオペを手伝ったことで開眼。ついに未知子からも一人前だと認められ、看護師一本でやっていくことを決意したが…。

 そんな正子が第7シリーズでは、看護師としてさらなる高みを目指し、進化していくことに。今田によると「監督からは『都会感を出してほしい』と言われている」そうで、前回話題を呼んだ津軽弁のせりふもほぼ封印。さらに「髪型もちょっとキリッとなり、前回はワンピースタイプだったナース服もパンツタイプに変わりました。また、自分の意志を伝える場面も多く、オペ看を任せてもらえる機会も増えています」という。

 2年の時を経て、今田は「前回よりもさらに『たくましくさ』を出して演じたい! オペでの器械出しもスムーズに、失敗しないようテキパキとこなして、憧れの大門先生にしっかりついて行きたいです」と宣言している。

 ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』は、テレビ朝日系にて10月より毎週木曜21時放送。

【広告】

      【応援うちわ専門店 ファンクリ】

スマホやPCで簡単に作れる応援うちわ


コメントは受け付けていません。