今田美桜&石田ひかり、『悪女(わる)』第2話で新旧マリリンが対決 30年前と同じ場面も!(クランクイン!)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:クランクイン!

女優の今田美桜が主演するドラマ『悪女(わる)~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~』(日本テレビ系/毎週水曜22時)より、30年前に放送された石田ひかり主演版『悪女(わる)』をオマージュしたシーンを紹介する特別動画が、日テレドラマ公式YouTubeチャンネルにて公開された。

【写真】令和版『悪女(わる)』で共演する今田美桜&石田ひかり

 深見じゅんによるロングセラー少女漫画『悪女(わる)』を30年ぶりに再びドラマ化する本作は、ニッポンのお仕事を明るくするラブ・ジョブ・エンターテインメント。今田演じるポンコツだけど型破りな新入社員・田中麻理鈴が、部署を転々とする中、出会う社員の問題を解決していく。

 4月20日放送の第2話では、30年前に「初代マリリン」を演じた石田ひかりが特別出演。人事部の夏目課長として麻理鈴(今田)の前に立ちはだかる。

 第2話の放送を前に、日テレドラマ公式YouTubeチャンネルで、特別動画が公開された。実は令和版の『悪女(わる)』には、30年前のドラマのオマージュシーンがいろいろと登場している。たとえば、30年前の『悪女(わる)』のオープニングで石田がマンゴーを食べるシーン。第2話にも石田がマンゴーを食べるシーンがどうやら登場するらしい。また、初代マリリンがあめを配っていたシーンが有名だが、今田演じるマリリンもあめを配っているなど、特別動画では前作をオマージュしているシーンを個別に紹介している。

 第2話では、石田演じる夏目課長が、今田演じる麻理鈴に「私の若いころに似ている」というシーンも登場。平成版『悪女(わる)』を見ていた世代には感慨深いシーンとなっている。

 水曜ドラマ『悪女(わる)~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~』は、日本テレビ系にて毎週水曜22時放送。

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。

      楽譜が読めなくても30日で

  上達するピアノレッスンです。



コメントは受け付けていません。