伊藤健太郎へ温かいコメント 「また共演したい」「こんな息子がいればいいな」(オリコン)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:オリコン

阪本順治監督のオリジナル脚本で、人間の業を切なく儚く描いた映画『冬薔薇(ふゆそうび)』(6月3日公開)より、阪本監督と、主人公の両親役を演じた小林薫・余貴美子が、主演を務める俳優の伊藤健太郎について語っている特別インタビュー映像が到着した。

【動画】“WEB限定”特別インタビュー映像

 2年ぶりに出演する映画が公開される伊藤。そんな「伊藤健太郎を、大人の俳優で囲ってみたかった」と語るのは、阪本監督。伊藤に“当て書き”するかたちでオリジナル脚本を書き上げた。これまでの伊藤の出演作に同世代の共演者が多い印象を受けた監督は、今作では石橋蓮司、伊武雅刀、小林薫といった“大人の俳優”で伊藤を囲むことを思いついたという。日本を代表するベテラン俳優と渡り合う伊藤の姿は本作の見どころの一つだ。

 阪本監督に続いて、伊藤演じる主人公・渡口淳の父・義一役の小林は、初共演した伊藤について、「改めてまたチャンスがあれば、共演したいと思う」と気に入った様子。その理由として、「たたずまいがナチュラル」「役の感情をただ生きていこうという感じをすごく受けた」と、語ってる。

 小林と同じく、伊藤と初共演だった余は、奇遇にも余が演じた渡口“道子”は、伊藤の実際の母親と同じ名前だったという。余は「こんな息子がいればいいなということを本当にイメージしやすいし、親子という感じがすごく想像しやすかった」と、笑顔を交えながら、伊藤の印象について語っている。

 同映画は、ある港町を舞台にした、それぞれに心の欠損を抱えた寄る辺なき者たちの物語。主人公は、専門学校にも行かず、半端な不良仲間とつるみ、友人や女から金をせびってはダラダラと生きる、“ロクデナシ”という言葉がよく似合う中途半端な男、渡口淳(伊藤)。両親の義一(小林)と道子(余)は埋立て用の土砂をガット船と呼ばれる船で運ぶ海運業を営むが、時代とともに仕事も減り、後継者不足に頭を悩ましながらもなんとか日々をやり過ごしていた。淳はそんな両親の仕事に興味も示さず、親子の会話もほとんどない。そんな折、淳の仲間が何者かに襲われる事件が起きる。そこに浮かび上がった犯人像は思いも寄らぬ人物のものだった…。

コメントは受け付けていません。