佐藤健&阿部寛『護られなかった者たちへ』それぞれの“男泣き”シーン写真公開(オリコン)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:オリコン

俳優の佐藤健、阿部寛らの共演で、人気ミステリー作家・中山七里の同名小説を映画化した『護られなかった者たちへ』(10月1日公開)より、この作品に挑んだ佐藤・阿部の本気度が伝わる”男泣き”の場面写真が紹介する。

【画像】刑事の笘篠(阿部)の場面写真

 本作は、震災から10年目の仙台で発生した、連続“餓死”殺人事件を追うミステリー。容疑者として捜査線上に上がってきたのは、別の事件の刑期を終え、出所してきたばかりの利根という男(佐藤)。刑事の笘篠(阿部)は利根を追い詰めていくが、決定的な証拠がつかめないまま、第3の事件が起きようとしていた――。なぜ、このような無残な殺し方をしたのか? 利根の過去に何があったのか。やがて事件の裏に隠された、切なくも衝撃の真実が明らかになっていく――。ほかに、清原果耶、倍賞美津子、吉岡秀隆、林遣都、永山瑛太、緒形直人などが出演する。

 紹介する場面写真は、事件から10年前の利根と笘篠を捉えたもの。利根は、震災後の避難所で遠島けい(倍賞)と1人の小学生に出会う。3人は身寄りのない者同士、まるで家族のように肩を寄せ合って暮らし始める。これまで人の優しさを知らず孤独に生きてきた利根が2人の優しさに包まれ、初めて愛や温もりを知り、さまざまなな感情から涙があふれ出るシーンだ。ボロボロと涙をこぼした佐藤の演技は、見る者全ての心を打つに違いない。

 一方、宮城県警の刑事として第一線で活躍する笘篠も被災し家族を失うというつらい経験をしていた。震災という抗えない大きな力によって、愛する者を失った喪失感から涙を静かに流す阿部の演技もまた、内に秘めた悲しみややるせなさがひしひしと伝わってくる。

コメントは受け付けていません。