佐藤大志、市原隼人と2年ぶり激アツ給食バトル 『おいしい給食 season2』続投(クランクイン!)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:クランクイン!

俳優の市原隼人が主演する10月スタートのドラマ『おいしい給食 season2』に、俳優の佐藤大志が甘利田(市原)の最強のライバル・神野ゴウ役で前作から続投することが発表された。

【写真】神野ゴウ(佐藤大志)の給食技に取り乱す甘利田先生(市原隼人)!

 給食マニアの教師・甘利田幸男と、給食マニアの生徒・神野ゴウによる、どちらが給食を「おいしく食べるか」という闘いを描き、2019年10月期に放送された『おいしい給食』。本作はその2年ぶりの続編で、2020年3月公開された『劇場版 おいしい給食 Final Battle』の2年後を描いている。

 給食マニアの教師、甘利田幸男が新しい中学に赴任して2年がたっていた。相変わらず生徒たちには厳しく接する厳格な教師。だが頭の中は給食のことしかない。そんな折、甘利田の担任する3年1組に転校生がやってくる。登校してきたその生徒にりつ然とする甘利田。それは、かつて甘利田と給食対決を繰り広げてきた宿敵、神野ゴウだった…。

 佐藤が演じる神野ゴウは、前作では、舞台となる常節中学校で甘利田の最大のライバルにして、同じ給食マニアの生徒。甘利田と同じく、学校に来てから授業中、休み時間と、常にきょうの給食をどうやったらおいしく食べられるかを試案するほど。いろいろな状況でアイデアがひらめき、創意工夫を凝らして自分なりにおいしく給食を食べるスタイルは、甘利田が毎度ビックリするほどオリジナリティーにあふれていた。甘利田からライバル視されている一方で、神野本人は争っている意識がない様子も垣間見ることができた。

 今作で神野は、黍名子中学校の甘利田が担当する3年1組へ転入してくる。マイペースで、他人は他人、自分は自分という大人な思考を持つ一方で、給食が絡むと考えるより身体が動く。

 佐藤は「season2が決まり、ゴウも続投のお話を聞いた時はとても嬉しかったです。甘利田先生とも再会して、現場で監督の『ハイッ!』『カット!』の大きな声を聞いた時は改めて嬉しい気持ちでいっぱいになりました」と、2度目の市原との共演を喜ぶ。さらに「新しい先生やクラスメイト達とのシーンももちろんですが、給食バトルや甘利田先生のハイテンションもますますパワーアップしています! 繊細で少し大人っぽくなったゴウにも注目して頂けると嬉しいです」と、成長した神野と甘利田の給食バトルを期待させるコメントを寄せた。

 ドラマ『おいしい給食 season2』は、10月よりテレビ神奈川、TOKYO MX、BS12トゥエルビほかにて順次放送スタート。

<佐藤大志コメント全文>

前回の映画のタイトルが「Final Battle」だったので、終わってしまったと思っていましたが、season2 が決まり、ゴウも続投のお話を聞いた時はとても嬉しかったです。
甘利田先生とも再会して、現場で監督の「ハイッ!」「カット!」の大きな声を聞いた時は改めて嬉しい気持ちでいっぱいになりました。新しい先生やクラスメイト達とのシーンももちろんですが、給食バトルや甘利田先生のハイテンションもますますパワーアップしています! 今回の給食には、僕にとって初めて食べるメニューも出てきました。どんな給食が出てくるかもお楽しみに!そして、繊細で少し大人っぽくなったゴウにも注目して頂けると嬉しいです。皆さん楽しみにしていて下さい!

【広告】



選手の顔と名前を覚えて、

「推しメン」を決めて、

スタジアムで熱い声援を送ろう!

コメントは受け付けていません。