元天才バラ育種家と“はみだし者”たちが出会う 「ローズメイカー」本編映像(映画.com)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:映画.com

「大統領の料理人」「偉大なるマルグリット」などで知られるフランスの名女優カトリーヌ・フロが主演を務める「ローズメイカー 奇跡のバラ」の本編映像の一部が披露された。フロが演じた元天才バラ育種家と、後の彼女と共にバラ・コンクールに挑むことになる“はみだし者”たちの出会いのシーンを収めている。

【動画】バラの美しさにも注目の「ローズメイカー 奇跡のバラ」本編映像

 フランス郊外で、父に遺された小さなバラ園をひとりで経営する頑固者のエヴ(フロ)。かつては優秀なバラ育種家として名を馳せていたが、今や愛するバラ園は倒産寸前だった。人を雇う余裕もなく、職業訓練所から派遣された3人の素人たちがスタッフとして加わる。

 披露されたのは、着物を羽織ったエヴが、3人にバラ園を案内するシーン。「私が開発して特許をもっているバラよ」と胸を張るエヴに対し、コソコソと「バラを開発?」とつぶやく3人。バラに関する知識が一切ない彼らに呆れるエヴは、交配させる温室を紹介したにもかかわらず「立ち入り禁止」と言い放ってしまう。

 3人のうちの1人、前科者のフレッドを演じたのは、インディーズ系ラッパーとしても活躍するメラン・オメルタ。反抗的ではあるものの、実は幼少期に親に捨てられた過去を持ち、どこか寂しさを抱える繊細な青年を演じきった。

 定職に就き、安定した生活を送ることしか頭にない曲者のサミールを「TAXi ダイヤモンド・ミッション」のファッシャー・ブヤメッド、内気で声が小さく、基本的なコミュニケーションさえままならないナデージュを、映画、舞台、テレビと幅広く活躍するマリー・プショーが演じ、やがてエヴと知恵と力を合わせて、難局を一つずつ乗り越えていく。

 「ローズメイカー 奇跡のバラ」は、5月28日から東京・新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国公開。

【広告】

あなたの切手、

あなたが満足する価格で買い取ります。

不要な切手の買い取りなら

がおすすめ。


コメントは受け付けていません。