公開20周年、塚本晋也監督「六月の蛇」が全国で上映 小説のイタリア語版も発刊(映画.com)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:映画.com

「鉄男」「野火」などで知られる塚本晋也監督の「六月の蛇」が公開20周年を迎え、タイトルにある6月を皮切りに、日本各地で記念上映が行われる。

【画像】「六月の蛇」チラシ、場面写真

 「六月の蛇」は2002年、塚本監督の長編第7作。六月の降り続ける雨の中、自らの中にある叫びを解放していく女の姿を描く。全編ブルートーンのモノクロームで描かれ、02年の第59回ベネチア国際映画祭「コントロ・コレンテ」部門で審査員特別賞、03年のポルト国際映画祭最優秀主演女優賞(黒沢あすか)など多数受賞した。日本公開時は、塚本自身による小説版も発刊。20周年を記念する今年、イタリアの名門出版社マルシリオからイタリア語版が発刊され、今年5月にはベネチアで開催された第12回カフォスカリ国際短編映画祭で、出版を記念したシンポジウムが開かれ、映画も上映された。

 心の健康センター電話相談室で働くりん子(黒沢あすか)は、夫(神足裕司)と高級マンションで恵まれた生活を送っていた。そんな彼女の元にある日、一通の封筒が届く。そこにはりん子が自慰にふけるあられもない姿が映し出されていた。その日からりん子の恐怖の日々が始まる。男に脅迫され、短いスカートをはいて街を歩かされる。りん子はやがて、満たされていると信じて疑わなかった生活の中で圧倒的な孤独に気づいていく。

▼塚本晋也監督コメント
「六月の蛇」は、ヴェネチア映画祭で初めて上映された時、非難の嵐になる可能性もあるとドキドキしましたが、大きな賞をいただき、主演の黒沢あすかさんが現地でもすごい人気者になったのが嬉しい思い出です。このたび20周年を迎え、大きなスクリーンに甦ります。劇場空間で、降り続ける雨に包まれ、黒沢さんの魂の叫びを存分に浴びていただきたいと思います。

▼6月の上映スケジュールは、以下の通り(6月11日・池袋新文芸坐での上映では塚本監督舞台挨拶あり)。

フォーラム仙台 6/3(金)~6/9(木)1週間
別府ブルーバード 6/3(金)~6/9(木)1週間
池袋新文芸坐 6/11(土)19時30分レイトショーにて1回上映。(上映後塚本監督舞台挨拶あり)
鹿児島ガーデンズシネマ6/11(土)、6/12(日)
札幌シアターキノ 6/24(金)
大阪シアターセブン6/25(土)~7/1(金)1週間
名古屋シネマスコーレ、6/25(土)~7/1(金)1週間

【広告】  漢方由来のヘアーケアー

防掉髪洗髪露(強靭配方)


・髪にツヤや元気がなくなってきたと感じる方に
・健康で美しい髪を維持したい方に

傷んだ髪用シャンプーです。
防掉髪護髪素(滋養修護)との併用がお勧め。

コメントは受け付けていません。