創立50周年の劇団銅鑼がアトリエを開放「どらふぇす」開催(ステージナタリー)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:ステージナタリー

劇団銅鑼が創立50周年記念として、4月に「どらふぇす~アトリエ10th anniversary~」を開催する。

これは無料でアトリエを開放する企画。アトリエでは、作品のポスターや舞台写真、小道具、俳優たちが使っていた台本なども公開される。さらに22日15:00からは井上ひさし著「新釈・遠野物語」より「鍋の中」を、23日14:00からは1985年に上演された「ナナちゃんは宇宙人」を朗読するほか、24日14:00から衣裳ファッションショーと劇団銅鑼の歌「Resonate」の披露、15:00から1987年に上演された「燃える雪」の本読みが行われる。申込不要、入場無料。

「どらふぇす~アトリエ10th anniversary~」は4月22日から24日まで、東京・銅鑼アトリエにて。

コメントは受け付けていません。