古代ローマが舞台のターン制ストラテジーRPG『Expeditions: Rome』が1月21日にPCで配信!(IGN JAPAN)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:IGN JAPAN

THQ Nordicはターン制RPG『Expeditions: Rome』に登場する仲間キャラクターの1人となるベスティア・タバトを紹介するトレーラーを公開した。ゲームは2022年1月21日にPCで配信される。Steamではすでに予約受付中で定価は5850円(税込)だが、予約すると20%オフの4680円(税込)で購入できる。体験版が配信されており、すでにしっかりした日本語ローカライズになっているのが確認できた。

『Expeditions: Rome』は古代ローマをテーマにした、ターン制のストラテジーRPG。主人公は外見から名前まで自由に設定できる人物で、階級やスキルなどもカスタマイズ可能。どのような主人公を演じるかはプレイヤー次第となっており、古代ローマの世界でプレイヤー自身が軍団長として活躍していくゲームである。
本作で舞台となるのは古代ローマだが、主人公はプレイヤー自身であり、歴史を題材としているが史実通りに進むわけではないだろう。プレイヤーは若き軍団長だが、謎の政敵に父親を殺されてしまう。これで主人公はローマから逃げることになり、ギリシャ反乱の鎮圧軍になっている。本作ではゲーム開始時に会話に関するパークが設定可能。ゲーム中には会話の選択肢が無数に出てきて、鉄拳で語るか、対話をするか、共和制の政治的指針を引き継いでいくかなどを自らが選択できる。この選択によって、軍団やローマの運命が変わってくるそうだ。

ゲームプレイは敵と味方が交互に攻撃するターン制で、ヘックス(マス目)を移動していくタイプのストラテジーRPGだ。体験版では難易度が4段階まで設定可能。キャラクターのロストの有無や、死んだら終わりの鉄人モード(いわゆるアイアンマンモード)もある。必ずしも高難易度でプレイする必要はないので、カジュアル/ハードコアどちらのプレイヤーも満足できそうだ。
バトルでは5人の個性的な仲間が登場する模様。たとえばトレーラーで紹介されたベスティア・タバトは軽装兵となっており、移動力が高い。ほかにも重装兵のキャラクターでは敵を盾でプッシュするスキルや、防御力に関するスキルがある。ただの通常攻撃のようなものはなく、それぞれのキャラクターの攻撃スキルはさまざまな特殊効果が存在する。これらのキャラクターの個性を活かし、レベルアップしていくのがゲームのカギとなりそうだ。

【広告】 更年期?

《経典薬方》寧心補腎丸

・活力が減退し、不安が原因で落ち着かないと感じる方に
・心身ともに充実した毎日を送りたい全ての方に

滋養強壮のほか、胃腸機能の改善、疲労回復に

コメントは受け付けていません。