和田彩花がコンセプチュアルなワンマン開催、新代田の街から映像と音楽届ける(音楽ナタリー)

出典元:音楽ナタリー

和田彩花が昨日2月28日に東京・新代田FEVERでワンマンライブ「かなでめぐる Playing around Shindaita」を開催した。

【写真】「和田彩花『かなでめぐる Playing around Shindaita』」の様子。(他36件)

2019年8月にソロ活動をスタートさせ、これまでさまざまな演出やアプローチを盛り込んだライブを行ってきた和田。この日はライブの舞台である新代田の街にスポットを当てた独創的なステージを、バンドメンバーの劔樹人(B / あらかじめ決められた恋人たちへ)、U(Dr)、オータケコーハン(G / あらかじめ決められた恋人たちへ)、楢原英介(Violin, Key / VOLA & THE ORIENTAL MACHINE)とともに作り上げた。なお本公演は新型コロナウイルス感染拡大防止のため定員50名限定となっており、有料制のライブ配信も実施された。

定刻になるとステージを覆う白幕に、雨の中1人で街を歩く和田の姿が映し出された。和田が新代田にある花屋やカフェ、本屋に立ち寄るとバンドメンバーが1人ずつ登場。彼女はパーカッションやアコースティックギター、コントラバスなどの演奏と自身の歌声を重ねてセッションしていく。そして和田たちが新代田FEVERに到着し、エレキギターとのセッションシーンを経てオープニングの映像は終了となった。

ステージの幕が上がると、バンドメンバー4人よる「Une idole」の演奏がスタート。するとフロアサイドにあるバーカウンターから黒のドレスを身に纏い、白い花束を抱えた和田が現れた。彼女がステージに上がり「Une idole」「mama」をしっとりと歌い上げると、会場からは大きな拍手が沸き起こった。和田はライブ中盤に冒頭の映像とリンクするポエトリーリーディングを披露。そのまま「マリッジブルー」「空を遮る首都高速」「ホットラテ」を続けてパフォーマンスした。

9曲目までを終えるとこの日初めてのMCへ。和田は「皆さんありがとうございました。私たちのバンドはコロナの影響で配信でお届けすることが多かったから、こうやって目の前でお客さんの反応の見るのが意外とひさしぶりだなと思って。しかも皆さんがノって楽しそうにしてくれたのがうれしかったです。今日はライブ形式と映像パートのどちらも含めて準備を進めていたので、楽しんでいただけてたらうれしいなと思います」と、会場に集まった観客および画面越しの視聴者に感謝の気持ちを伝えた。そして彼女は「#15」「パターン」の2曲を届けてこの日の公演の幕を降した。

なお配信チケットは3月3日22:00までZAIKOで販売されており、購入者は同日23:59までアーカイブを視聴できる。

■ 和田彩花「かなでめぐる Playing around Shindaita」2021年2月28日 新代田FEVER セットリスト
□ 映像内楽曲
01. 空を遮る首都高速
02. ホットラテ
03. マリッジブルー
04. あなたが選んだもの、あなたが選ぶもの

□ ステージライブ
01. Une idole
02. mama
03. スターチス
04. マリッジブルー
05. それでも愛を信じるのは
06. 空を遮る首都高速
07. ホットラテ
08. パーク
09. あなたが選んだもの、あなたが選ぶもの
10. #15
11. パターン

【広告】

 ZAFUL


ZAFULは欧米を中心に

レディースファストファッションを

提供しているサイトです。

コメントは受け付けていません。