堀田真由、主演ホラー映画は「新たな自分に出会える」 飯島寛騎が聞いた音は……(映画.com)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:映画.com

NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で好演した堀田真由が8月27日、東京・新宿ピカデリーで行われた主演映画「オカルトの森へようこそ THE MOVIE」の初日舞台挨拶に、共演する飯島寛騎、筧美和子、劇中に映画監督役で出演もする白石晃士監督とともに登壇した。

【フォトギャラリー】客席に笑顔で挨拶する堀田真由

 堀田にとって、本作は出演映画20本目となる節目の作品。ホラー映画の助監督という特殊な役どころで「いい意味で想像できなかったですし、未知の部分がある分、新たな自分に出会えると思った」と振り返った。「WOWOWオリジナルドラマ オカルトの森へようこそ」(全6話)を再編集した劇場版。「デビュー作もWOWOWさんだったので、原点に戻ってこられたという気持ちもある」としみじみ語っていた。

 異界とつながる祟りの森に足を踏み入れたホラー映画の撮影隊が味わう恐怖をPOV(主観視点)で描いた心霊アドベンチャー。ドラマ版では放送されない短編「訪問者」が、劇場限定で同時上映される。舞台挨拶では「まさかこんな作品だと思わなかったでしょ?」(白石監督)、「はい! わたしは『助監督なんで、判断早いんです』ってセリフが頼もしくてすごく好きです」(堀田)と息の合ったやりとりが披露された。

 カリスマ金髪霊能者・ナナシを演じた飯島は「試写を拝見し、劇場版ならではの音の臨場感があふれているなと。(超常現象の一種とされる)ラップ音も良かったと思ったら、さっき白石監督が『えっ、入れていないよ』って(笑)。取材でもこの話は何度もしたんですが、あれ、ラップ音じゃなかったみたいです」と“恐怖体験”を明かし、取材時の発言を訂正した。

 筧は恐ろしい体験の発端となる錯乱気味の美女・三好麻理亜を演じ、「ホラーではありますが、愉快な登場人物たちが冒険する物語でもあるので、ホラーが苦手な人でも軽やかに楽しんでいただける」とアピール。そんな筧のコメントに、白石監督も「大人版『グーニーズ』的ニュアンスも意識した」とうなずき、「キャストの皆さんがすばらしい個性を発揮してくださった」と感謝していた。

【広告】

体臭・口臭にお困りの方!   

多数のメディアで話題の消臭サプリ

                                        『shunax』
                                   もう気にならない!!

 



コメントは受け付けていません。