好スタート大河『青天を衝け』と人気朝ドラ『あさが来た』の共通点(クランクイン!)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:クランクイン!

吉沢亮主演の大河ドラマ『青天を衝け』(NHK総合/毎週日曜20時ほか)のことを、放送開始前には勝手に「不遇な大河」だと思い込んでいた。

【写真】『青天を衝け』第1回 甲冑(かっちゅう)姿で馬に乗る“徳川慶喜”草なぎ剛

 コロナ禍の影響で、前作『麒麟がくる』の終了時期がなかなか決まらない関係から、初回放送日が見えてこなかったこと。にもかわらず、次の小栗旬主演×三谷幸喜脚本の『鎌倉殿の13人』(2022年放送)は出演者が小出しで発表されるたびに話題になり、次の次の松本潤主演×古沢良太脚本の『どうする家康』(2023年)まで発表され、前から後ろから攻められる状況だったためだ。

 しかも、題材も、「日本資本主義の父」「新1万円札の人」渋沢栄一と、ちょっとわかりにくい。ネットで「渋沢栄一」と検索すると、関連ワードで「何をした人」と出るくらいである。

 さまざまな苦境からスタートする大河を勝手に応援したいと思っていたところだが、第1話(14日放送分)は、冒頭でいきなりさまざまな不安を払拭する仕掛けがなされていた。カメラ目線の北大路欣也が登場。「徳川家康です」と言い、次の次の『どうする家康』を匂わせたかと思えば、「鉄砲も伝来、私も使いましたよ。信長さまに勧められて」と、前作『麒麟がくる』との歴史的つながりまで盛り込むサービスぶり。さらに、家康が天下統一してからの260年を年表でビジュアル的に見せたうえでこう言う。

 「よく明治維新で徳川は倒され、近代日本が生まれたなんて言われますが、実はそう単純なものじゃない」「古くなった時代を閉じ、今につながる日本を開いたこの人物こそ、わが徳川の家臣であったと、ご存知だったかな?」と。なんて上手い説明なのだろう。

 そこから始まる物語は、大河ドラマというより、朝ドラに近い視聴感がある。なかでもある特定の作品…おそらく何の前情報もなく観た人でも「何かに似ている…ああ、『あさが来た』だ!』と感じるはずだ。

 それは、本作も『あさが来た』も、同じ大森美香氏の脚本だということが大きな理由である。2010年以降は、女性を主人公として、イケメンを多数取りそろえる「スイーツ大河」と言われるものが増え、逆に朝ドラは現代モノが減っていることから、大河が「朝ドラっぽい」と言われ、朝ドラは「大河っぽい」などと言われることがあった。

 また、宮藤官九郎氏の脚本の『あまちゃん』から『いだてん~東京オリムピック噺~』、中園ミホ氏の脚本の『花子とアン』から『西郷どん』、藤本有紀氏の脚本の『ちりとてちん』から『平清盛』など、同じ脚本家の朝ドラから大河ドラマへの流れも一つの定番にはなっている。

 しかし、朝ドラで描いた世界と時代が重なり、しかも登場人物も重なってくる今作は、非常にレアなケースだ。『あさが来た』で三宅裕司が演じた渋沢栄一を吉沢が演じるというギャップはなかなか面白い。さらに、大森氏自身が「日本の江戸時代において異質な人」という雰囲気があり、大人の包容力を持ちつつ、かつ新鮮な魅力のある大人の男性を必死に」探した結果、「発掘」した(『あさが来たファンブック』洋泉社)のが、大ブレイクを果たした五代友厚を演じたディーン・フジオカで、本作においても再び彼が”五代様“を演じるというのも、サービス満点のキャスティングだ。

【広告】

ピアノ初心者の60代男性が、

わずか30日で「第九」を弾けた方法とは?



ピアノ初心者の60代男性が、

わずか30日で「第九」を弾けた方法とは?

あなたは「第九」や「歓喜の歌」と呼ばれる曲の

作曲した人を、ご存知でしょうか?

「第九」は年末にもよく合唱などで歌われていて

有名なクラシック曲なので、ご存知の方も多いでしょう。

この曲は、“楽聖”つまり、“きわめてすぐれた音楽家”と呼ばれる

ベートーヴェンが晩年に完成させた名曲です。

正式名称を「交響曲第九番」と言います。

この、偉大な音楽家が作曲した、

世界中で愛されているこの名曲を、

あなたも今すぐ、ピアノで弾いてみましょう!!

・音楽経験なんてまったくない!

・指をスラスラ動かせない!

・そもそも、楽譜が読めない!

そんなお悩みも、まったく問題ありません。

楽譜が読めなくても、憧れのピアノは弾けます!

しかも、たった30日で。

⇒「本当に!?信じられない!」という方は、
まずこちらの映像をご覧ください。

通常、ピアノ教室に通うとまず行うのが、

楽譜の暗記です。

楽譜は英語のように、普通の生活では、

使わない記号が盛りだくさんです。

ですから、まずその記号を覚え、楽譜の読み方に慣れないと
なかなか曲をスラスラ弾けません。

ですから、はじめて曲を1曲弾けるまで「3カ月かかった」

なんて話もよく聞きます。

そんなに時間がかかるなんて・・・

と驚いてしまったあなた、

お気持ちよくわかります。

もっとカンタンに、早く、楽しく、ピアノを

弾けるようになれたら、嬉しいですよね。

そこで、楽譜に“あるもの”を足すだけで、誰でもすぐ、

楽譜をスラスラ読めて、曲に挑戦できる方法があります。

一体何かわかりますか?

楽譜は、普段使わない記号を使うから難しいのです。

例えば、小学生がまだ習っていない漢字を

いきなり読むのは難しいですよね。

でも、その漢字にもし読み仮名があったら、

ひらがなさえ知っていれば、スラスラ読めると思います。

これと同じで、楽譜も、普段使うものを足すだけで、

カンタンにスラスラ読めるようになるのです。

つまり、あなたが普段使っている「フリガナ」と「数字」を使えば、

見てすぐ楽譜を読んで、曲に挑戦できるでしょう。

今回ご紹介するピアノ上達レッスンでは、

この“画期的な楽譜”を使って、すぐに曲を弾くことができます。

短期間でピアノが弾ける!“特別な楽譜”の見本をぜひ一度、ご覧下さい。
⇒見てすぐ弾ける楽譜のヒミツを知る!

しかも、すごいのはそれだけではありません。

このピアノ上達レッスンの講師の先生がすごいです。

現役のピアニスト兼、ピアノ教室の講師の

【 海野 真理 】先生です。

指導の経験が豊富な海野先生は、レッスンのプロ中のプロ。

そのレッスンは順番待ちができるほど大人気です。

そんな大人気ピアノ講師のレッスンを自宅で

好きな時間に好きなだけ受けられます。

本格的で、わかりやすいレッスンを自宅で受けられる!

というピアノレッスンは大好評で、

ついに受講者は5,000人を突破しました!!

⇒気になる海野先生のピアノレッスンはこちら。

憧れのピアノを思い通りに弾きこなせた瞬間、

心の底から感動を感じることでしょう。

それだけではありません。

ずっと弾いてみたかった、大好きな曲にも、

ドンドン挑戦できるでしょう。

大好きな曲を弾けたときの喜びは、

さらに格別です。

家事の合間のちょっとした時間に、

食後のひと時に、ピアノを奏でる。

そんな憧れのひと時を今すぐ手に入れませんか?

 ⇒試しにピアノレッスンを見てみる

しかも、今だけ!

★さらに追加であの名曲が弾ける!

通常の練習曲にプラスして【3曲】分も弾ける

初心者向け“楽譜”をプレゼント中です。

はじめてでも安心の、弾くコツがすぐわかる。

先生の解説と模範演奏が入ったCD付き!

憧れの名曲をすぐに弾けるこの特典は、期間限定です。

ぜひ、お早めにご確認下さい。

 ⇒只今のプレゼント曲はこちら

コメントは受け付けていません。