子どもの朝ごはんに“菓子パン” 「そんなジャンクなもん!」「たまにはいい」ぶつかり合うシングルマザーに賛否(オリコン)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:オリコン

3組のシングルマザーと子どもが暮らすシェアハウスを舞台に、ママ友同士のドロ沼愛憎劇が繰り広げられる漫画『毒フレ~それでもママ友でいられますか?~』(comico)。「ママ友」問題がリアルに描かれる同作は、夫のモラハラが原因で離婚した主人公の希美が、ルームメイトの“暴走”に巻き込まれていく。随所に見られる“いざこざ”は、作者である中島まおさんの経験談も元になっている。

【漫画】野菜嫌いの子どもに「たまにはいいよね~」菓子パンを与えるママ友、「できるだけ手作りで!」猛反撃に賛否

■「ママ友がいると、毎日がより豊かになりそう」孤立したくない心理

――さっそく1話目から、子育てにまつわる価値観の違いから、シングルマザーたちがぶつかり合います。本作は「ママ友」が重要なキーワードですが、なぜ漫画で描こうと思ったんですか?

【中島まおさん】もともと夫婦関係がうまくいかなくなった女性を主人公にしようと思っていたんです。主人公の希美は、夫と離婚してシングルマザーになりました。シングルマザーにとって、ママ友は切っても切れないというか、とても大事な存在。味方にもなるし、敵にもなるというところを描きたくて、テーマに選びました。

――ママ友がいることで、楽しい反面、人間関係がこじれて悩みの種になる人も多いようですね。ネットでも、「ママ友いる・いらない」論争がたびたび起こります。

【中島さん】ママ友がいることの良さのひとつは、やはり共感してもらえること。そこは大きいと思うんですね。いらないという意見もすごくわかるんですけど、個人的にママ友はいたほうがいいんじゃないかと思っています。境遇が似ているなど、生活環境をふまえつつ親しくなれば、より分かり合えますよね。ママ友は、いなければいないなりに生きていけるんでしょうけど、いれば孤立を避けられますし、いたほうがより生活が豊かになるような気もします。

――やはり、日々のつらさを共感したいと思う女性が多いのでしょうか。

【中島さん】そういう人は増えているように感じます。SNSに書き込んで共感してもらえるのとはまた別の、対面での良さがありますよね。いる・いらない、どちらが正しいということはなく、要は気持ちのバランスなのかなと思います。

【広告】

チャレンジしてみたら?

週末を利用して体験旅行はどうですか?

まずは体験プログラムで自分に出来そうか

見極めてみたら?

 

旅行先での遊び や、

週末の おでかけ 先をお探しなら

日本最大級のレジャー総合情報サイト

                    「asoview!(アソビュー)」

にお任せ。

↓   ↓   ↓


コメントは受け付けていません。