子ども時代のアイスは「特別なご褒美だった」…溶けてなくなる“儚さ”に命を吹き込むアイスアートを作り続ける制作者の想い(オリコン)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:オリコン

スーパーやコンビニなどで売られているカップアイスを彫って、さまざまなアイスアート作品を制作し投稿しているTwitterアカウントが注目を集めている。投稿者はアイスアートっ子さん(@sao_ice_art)で、これまでにミッキーマウス、アンパンマン、スヌーピー、ヨッシー、そらジローなど、たくさんのキャラクターを見事にカップアイスで表現。その完成度の高さに、「神すぎる」「挑戦してみたいけどどっから手をつけていいか分からない」「これは芸術すぎる!」などと驚きのコメントも寄せられている。アイスアートを始めたきっかけや、制作する上での注意点やこだわりについて、アイスアートっ子さんに話を聞いた。

【画像】ハーゲンダッツがアンパンマンに? 鼻のテカりも見事に再現、『ポケモン』『あつ森』ほかアイスアート作品集

■アイスはすぐになくなってしまう“儚いデザート”アートとして完成させことで命を宿している

――そもそもアイスアートを始めたきっかけは何だったのでしょうか?

【アイスアートっ子】もともと絵を描くこと(模写)や造形は子どもの頃から好きだったのですが、6年程前の大雪が降った日に、思いつきでリアルなライオンを雪でベランダに作ったときに、造形の楽しさに改めて気づきました。その雪のライオンをFacebookに投稿したところ、友達からの反響も大きく、もっと色々な物を作りたいと思うようになりました。

――そこからなぜアイスアートへ?

【アイスアートっ子】SNSでさまざまなアートを検索していくなかでアイスアートの存在を知って興味を持ち、大好きなディズニーのキャラクターで、カップに収まりやすい丸いキャラクターの『モンスターズ・インク』の「マイク・ワゾウスキ」を作ってみたのが最初のきっかけです。完璧主義なので、色や形も細かく再現したく、自己流でチーズやチョコを加えながら、目や歯のパーツもこだわって作ったことで、さらに楽しさと達成感を味わいました。家族や友達からの反響も大きく、もっと色んな人に驚いてもらいたいという想いが増して今に至っております。

――子どもの頃と現在で、アイスに対する価値観に変化はありますか?

【アイスアートっ子】子どもの頃からアイスが大好きで「特別なご褒美」というイメージが強かったですし、カップアイスは特に贅沢なイメージで、冷凍庫にあると輝きを放っていました。家族で行くボーリングの帰りには自販機のセブンティーンアイスを食べるのが恒例で、それぞれに好きな味が決まっていて、やはり特別なときに食べられるご褒美でした。

――大人になった現在は?

【アイスアートっ子】今も私にとってアイスは「特別なご褒美」という価値観は変わらず、常に冷凍庫に何個かストックし、仕事で頑張った日や特別な日に食べて至福の時間を過ごすためのアイテムです。ただ、私は溶けて柔らかくなってきたアイスが苦手で、溶けないうちに食べなきゃといつも急いで食べるので、ご褒美ではあるけれど「すぐになくなってしまう儚いデザート」という認識も変わらずです。

――アイスアートを始めてからは、アイスに対する想いに変化はありますか?

【アイスアートっ子】アイスアートを作ることで“儚いデザート”のアイスに命が宿り、味だけではなく視覚的にも楽しめ、普通に食べるよりも長くアイスを堪能することができていると思います。アイスアートを作っている時間は無心で没頭できるのでストレス発散にもなるので、アイスは心身ともに自分には必要な存在という価値観に変わりましたね。

【広告】 <strong>更年期?</strong>

《経典薬方》金匱腎気丸

<

・足のむくみを取りたい方に
・足腰が弱ってきたと感じる方に

腰や膝の痛みや衰え、足のむくみなどの改善に

コメントは受け付けていません。