実写映画『耳をすませば』特報解禁 大人になった“雫”清野菜名&“聖司”松坂桃李が登場 中学生キャストも解禁(クランクイン!)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:クランクイン!

女優の清野菜名と俳優の松坂桃李がダブル主演を務める映画『耳をすませば』が、10月14日より公開されることが決定し、特報映像とティザービジュアルが解禁された。併せて、主人公カップルの中学生時代を演じるキャストとして、安原琉那と中川翼が出演することも発表された。

【動画】清野菜名×松坂桃李W主演、映画『耳をすませば』特報

 本作は、1989年に少女コミック誌「りぼん」で発表された柊あおいによる同名の青春恋愛漫画が原作。読書が大好きな中学生・月島雫が、夢に向かって生きる天沢聖司に思いを寄せていく姿を描く。1995年にはスタジオジブリがアニメ映画し、大ヒットした。本作では雫と聖司の物語に10年後のオリジナルストーリーも加え実写化、切なくピュアな“2度目”の青春ラブストーリーが描かれる。大人になった“現在”の雫を清野が、雫が想いを寄せる大人になった“現在”の聖司を松坂が演じる。監督は、『ツナグ』『記憶屋 あなたを忘れない』の平川雄一朗。

 コロナ禍により2020年9月の公開が延期され、新たに今年10月14日に公開されることが決まった本作。特報映像には、ファンにはおなじみの『地球屋』『図書カード』『自転車』のほか、本作の象徴的なキャラクターである『バロン』が登場。雫と聖司が、中学生の時に約束を交わす姿と、大人になった今日本とイタリアに離れ離れになりながらもお互いを想い続け、夢に向かって突き進む様を、前後に分けて描いたものとなっている。最後は、弦楽器の音色や、アニメ映画で月島雫の声を担当した声優・本名陽子がタイトルを情感たっぷりに読み上げる声が流れて締めくくられている。

 ティザービジュアルは2点で、どちらにも『地球屋』で変わらずに雫と聖司を見守り続ける『バロン』の後ろ姿が描かれている。バロンが見つめるその先に、1点目には中学生時代の雫と聖司、2点目にはその10年後の雫と聖司が登場しており、ノスタルジックかつエモーショナルな雰囲気を漂わせるビジュアルとなっている。

 さらに今回、中学生時代の雫と聖司を演じるキャストも解禁。雫役は、NHK連続テレビ小説『スカーレット』でヒロインの妹・川原直子の少女時代を演じた安原琉那。聖司を、映画『アイネクライネナハトムジーク』や『浅田家!』などに出演し、本作が平川組3度目となる中川翼が演じる。

 映画『耳をすませば』は、10月14日より全国公開。

コメントは受け付けていません。