小島監督が『ザ・ボーイズ』と似たようなコンセプトのゲーム企画を考えていた その話がドラマの出演者や関係者に届く(IGN JAPAN)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:IGN JAPAN

小島監督が『ザ・ボーイズ』と似たようなコンセプトのゲーム企画を頭のなかで考えていたようだ。しかしながら、コンセプトが似ているとしてゲーム企画はお蔵入りになっていたことをツイートで明かしている。一連のツイートが話題になり、監督のゲーム企画の話は『ザ・ボーイズ』関係者のジャック・クエイドと、エリック・クリプキにまで届いている。

「小島秀夫」画像・動画ギャラリー

『ザ・ボーイズ』は腐敗したスーパーヒーローをテーマにしたAmazonのドラマだ。ドラマは特殊能力のもたない「ザ・ボーイズ」と呼ばれるものたちが腐敗したスーパーヒーローを倒そうとする、風刺のような内容となっている。
小島監督はドラマはシーズン1の3話で止まっていたようだが、6月3日からシーズン3が配信されたためか、視聴を再開したようだ。ドラマのシーズン1が配信されたのは2019年。その当時に監督はドラマを見ていたようで、自身のゲーム企画とドラマのコンセプトが似ていることで、ゲーム企画はお蔵入りになった模様。ゲーム企画は伝説のヒーローたちと裏で対峙する特殊刑事班のバディもので、主役は『DEATH STRANDING』にも出演したマッツ・ミケルセンにしようと考えていたようだ。この企画は監督の脳内で構想している段階で、企画書を作るようなところまではいっていなかったらしい。

その後、監督はドラマのシーズン1を8話まで見たとツイート。この段階でアンチヒーローもののコンセプトは同じだったが、自身のゲーム企画とドラマは設定などで大きく違っていたとツイートしている。

監督の一連のツイートが話題になったためか、なんとこの話は『ザ・ボーイズ』でヒューイ役を務めたジャック・クエイドと、ドラマの企画などで知られるエリック・クリプキにまで届く結果となった。彼らは驚きをツイートしており、エリック・クリプキは「『ザ・ボーイズ』のゲームを作ってください」とまで書いている。
コジマプロダクションは「AAA級のオリジナル・タイトル」と、まったく新しい「トンがったタイトル」を制作中だとされている。また、Xbox Game Studiosとの提携によって新作を作るとも発表されていた。監督はゲーム企画がお蔵入りになったので、この話をツイートで明かしたのだろう。そのため、実際にコラボ企画などが動くことはないだろうが、ドラマ関係者までに届くという興味深い流れとなった。

コメントは受け付けていません。