少女が悪名高きヴィランへと変貌していく エマ・ストーン主演「クルエラ」場面写真(映画.com)

出典元:映画.com

名作ディズニーアニメーション「101匹わんちゃん」(1961)の悪役クルエラ・デ・ヴィルの誕生秘話を実写映画化した「クルエラ」の場面写真が披露された。「ラ・ラ・ランド」のエマ・ストーンがクルエラを演じ、スタイリッシュな装いで様々な表情を見せている。

【フォトギャラリー】真っ赤なドレス姿も!「クルエラ」場面写真

 ファッション・デザイナーを夢見て、パンクムーブメント吹き荒れる1970年代のロンドンに降り立った少女エステラ(ストーン)。1日でも早くデザイナーになるため、身を削りながら切磋琢磨働き続ける。このままデザイナーへの道を歩んでいくと思われたが、伝説的なカリスマ・デザイナーのバロネスとの出会いにより、彼女の運命が大きく変わり、次第にエステラは狂気に満ち溢れた“クルエラ”の姿へと染まっていく。

 エステラの運命を大きく変えるバロネス役を「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」「美女と野獣」のエマ・トンプソンが演じ、「キングスマン」シリーズのマーク・ストロングらが共演。「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」「ラースと、その彼女」のクレイグ・ギレスピーがメガホンをとった。

 場面写真は、夢を追いかける少女・エステラが一変し、真っ赤なドレスや奇抜なパンクファッション、そして黒く荒れ果てた姿まで、悪へと染まる様子をとらえており、少女がクルエラへと変貌していく壮大なドラマに期待が高まる。

 「クルエラ」は、5月28日から映画館とDisney+プレミアアクセス(※追加支払いが必要)で同時公開。

【広告】

初期費用0円!

格安スマホ



コメントは受け付けていません。