尾崎豊、『街路樹』などマザー&チルドレン時代の作品がサブスク解禁(Rolling Stone Japan)

出典元:Rolling Stone Japan

尾崎豊が1987年~1988年の間に残した「マザー&チルドレン」レーベル(現在はワーナーミュージック・ジャパン)時代の音源、6thシングル「核(CORE)[アルバム・ヴァージョン]」、7thシングル「太陽の破片」、4thアルバム『街路樹』のサブスクリプション配信が本日3月1日(月)より解禁された。

【動画を見る】1988年、尾崎豊が東京ドーム公演で披露した「卒業」

「核(CORE)」は、レコード会社を「マザー&チルドレン」に移籍して発表された6thシングル曲(1987年10月1日発売/シングルチャート最高2位)。孤独、不安、迷い、愛などあらゆるものを楽曲に叩きつけたかのような圧倒的な楽曲で、シングルとしては異例の9分超に及ぶ大曲。

「太陽の破片」は、大ヒットを記録した名曲7thシングル曲(1988年6月21日発売/シングルチャート最高位3位)。尾崎豊が生前、歌番組で唯一パフォーマンスを披露した楽曲で、またシングル曲の中で唯一オリジナル・アルバムに収録されなかった楽曲となった。

4thアルバム『街路樹』は、20代になり、ニューヨークでの生活やレコード会社の移籍を経て、苦難の末に3rdアルバム『壊れた扉から』から約3年ぶりに発表された作品(1988年9月1日発売/アルバムチャート最高位2位)。全9曲で構成され、尾崎豊の全キャリアの中でも屈指のポップで爽やかなメロディーをもった人気曲「遠い空」や、壮大なアレンジが印象的なバラード名曲でファン投票のリクエストベストにも収録されたアルバムタイトル曲「街路樹」も収録されている。

さらに、1988年9月12日に行われた尾崎豊の唯一の東京ドームライヴ『LIVE CORE 完全版~YUTAKA OZAKI IN TOKYO DOME1988-9-12』より、「卒業」(4thシングル曲)と「太陽の破片」(7thシングル曲)の貴重なライヴ音源2曲のサブスク配信も開始。

また、3月2日(火)19時より放送のTBSテレビ系列「この差って何ですか?」最終回で尾崎豊の特集が決定。「人生に影響を与えた心に刺さった曲」をテーマに、10代20代30代 40代 50代の各世代別「心に刺さったフレーズランキング」ベスト5を紹介。MC:加藤浩次が語る尾崎豊の魅力も見逃せない。

【広告】

SUNMEDICAL

【DelaFierte】



コメントは受け付けていません。