山崎賢人主演「キングダム2 遥かなる大地へ」圧巻のティザーPV&ビジュアル初公開!(映画.com)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:映画.com

2019年の実写邦画第1位の大ヒットを記録した「キングダム」の続編タイトルが、「キングダム2 遥かなる大地へ」に決まり、52秒のティザーPVと「夢の続きが始まる-」というコピーが添えられたティザービジュアルが初公開された。

【フォトギャラリー】「キングダム」場面写真

 累計発行部数8400万部(21年12月時点)原泰久氏の人気漫画を山崎賢人主演で実写映画化した「キングダム」は、19年4月19日に全国388スクリーンで封切られ興行収入57億3000万円の大ヒットを記録。翌20年5月29日には続編製作決定を発表し、引き続き佐藤信介監督がメガホンをとるほか、主人公・信役の山崎をはじめえい政役の吉沢亮、河了貂役の橋本環奈、王騎役の大沢たかおら豪華キャスト陣が続投することも公にしていた。

 紀元前245年の中国春秋戦国時代を舞台に、天下の大将軍を夢見て日々剣術の鍛錬を積む少年・信と、弟に玉座を奪われながらも中華統一を誓う若き王・えい政が、王宮奪還を目指す運命の物語を描く今作。続編製作決定は発表したものの、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、当初の製作体制から大きく変更を余儀なくされる。だが製作スタッフ、キャストの今作へかける思いは並々ならぬものがあり、士気が下がることはなかったという。脚本は前作に続き、黒岩勉と原作の原氏が担当し、原作者自らが考案した映画オリジナルのシーンやセリフを加筆。撮影は厳戒態勢のなか、20年6月から段階的に日本各地や中国などで行われ、21年10月にクランクアップを迎えた。

 今回発表されたティザービジュアルでは、馬上で手綱と剣を持つ信の躍動感あふれる姿を確認することができる。その姿は前作よりも凛々しさ、たくましさが備わっており、「夢の続きが始まる-」というコピーからも前作以上のスケールで描かれていることを予感させる。またティザーPVには、信をはじめとするキャスト陣に加え、敵か味方か現時点では判別のつかないキャラクターも登場している。

 ストーリーや新キャスト、公開日などは依然ベールに包まれたままだが、今後の続報に注目が集まる。映画は、今夏公開。

【広告】 更年期?

《経典薬方》知柏八味丸

<

・眠れない、やる気が出ないとお悩みの方に
・ストレスが溜まっていると感じる方に

貧血や動悸、睡眠不足、記憶力の低下、倦怠感、     肌の乾燥などに

コメントは受け付けていません。