山田洋次、ポン・ジュノ、鈴木敏夫、岩井俊二が絶賛! 菅田将暉&原田美枝子主演、川村元気監督作「百花」(映画.com)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:映画.com

映画プロデューサーで脚本家、小説家としても活躍する川村元気の長編映画監督デビュー作「百花」に、山田洋次監督、ポン・ジュノ監督、スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサー、岩井俊二監督ら著名な映画人からの絶賛コメントが寄せられた。

【フォトギャラリー】原田美枝子の息子役を演じる菅田将暉

 本作は、映画プロデューサーで脚本家、小説家として活躍し、「モテキ」「君の名は。」などの製作に携わってきた川村が、2019年に発表した自身4作目の同名小説(文春文庫刊)を、自らの監督・脚本で映画化するもの。吉永小百合ら著名人からの賛辞を浴び、累計発行部数18万部を突破した原作小説は、親子の愛と記憶をめぐる物語だ。映画版では菅田将暉と原田美枝子が親子を演じる。

 「あゝ、荒野」2部作で第41回日本アカデミー最優秀主演男優賞に輝いた若手屈指の演技派・菅田は、記憶を失っていく母と向き合い、母との思い出をよみがえらせていく息子・葛西泉に扮する。レコード会社に勤務し、社内結婚をして間もなく第一子が生まれようとしている日常から一変、認知症が進む母を目の当たりにして、封印していたはずの過去の記憶と向き合うことになる。一方、黒澤明監督、増村保造監督、深作欣二監督ら巨匠たちの作品に出演してきた原田は、女手ひとつで育ててきた息子と、ある事件をきっかけにすれ違うようになった百合子役を務める。全てを忘れていくなかで、さまざまな時代の記憶を交錯させ、思い出の奥底にある秘密に手を伸ばそうとする。

 このほど一足先に本作を鑑賞した「男はつらいよ」シリーズや「母と暮せば」の山田監督、「パラサイト 半地下の家族」で第72回カンヌ国際映画祭のパルムドール、第92回アカデミー作品賞を受賞したポン監督、「千と千尋の神隠し」などで知られるスタジオジブリの鈴木プロデューサー、「スワロウテイル」「花とアリス」などで熱狂的なファンを生み出してきた岩井監督から、以下の通りコメントが寄せられた。

【山田洋次監督】
 凝縮された美しさ。奇想天外な物語がある一方、誰もが身に覚えのあるような身近なストーリーもある。認知症がじわじわと進行しつつある母親に、出産を控えた息子夫婦が向き合う、という誰にとっても身につまされるような、悪く云えば日常的なドラマを、思い切って凝縮してみる、何百気圧のプレッシャーをかけてギュウギュウ圧縮すると、透明なキラキラした美しい結晶体に変化する。川村監督の「百花」はそんな映画だ。ワンシーンワンカットで撮影された、いわば「長回し」の大胆な演出スタイルが不思議に飽きさせない。うまい演出とは云いたくない、この作品の力はスタイルではなく、このドラマにかけた監督のエネルギー、情念、憧れ、愛情、といったもの、つまりハートなのだということをしみじみ思わせてくれたし、実は初演出の川村元気君自身が完成した作品を見てそのことに気づき、衝撃的に思いあたっているに違いない。「カットとカットの間に神が宿るんだ、それが映画というもんだよ」と、ぼくに語ってくれた黒澤明監督の温顔をしみじみ思い出す。

【ポン・ジュノ監督】
 映画は最初から野心的であざやかだった。絶妙なロングショットは、非常に繊細かつ鋭敏に演出されていて、最後まで緊張感が続く。何よりも感動したのは、映画の後半で、主人公の泉が母の百合子に「なんで忘れてんだよ、こっちは忘れらんねえんだよ」と叫ぶ場面。そしてラストに、母親が求める「半分の花火」が何だったのか、その本当の意味に彼が気づく。なんと感動する瞬間なのか。改めて、息子と母の親子関係の本質を力強く感動的に描いた作品だ。素晴らしい作品を見せてくれたことに、感謝を伝えたい。

【鈴木敏夫プロデューサー】
 母の記憶とリンクするピアノ曲と抑制された音楽と。本当に久しぶりに映画に浸った。

【岩井俊二】
 記憶とは歪んだイビツな鏡なのかも知れない。母にとって小さな湖が、海と映る。果てなく大きな存在が母であるその息子の鏡には。

 「百花」は、9月9日に全国公開。

【広告】

何か新しい事に

チャレンジしてみたら?

週末を利用して体験旅行はどうですか?

新しい趣味が見つかるかも。

旅行先での遊び や、

週末の おでかけ 先をお探しなら

日本最大級のレジャー総合情報サイト

              「asoview!(アソビュー)」

にお任せ。

↓   ↓   ↓



コメントは受け付けていません。