嵐、Perfumeら7組が魅せた今の日本ポップ・シーン Spotify初オンラインイベント(Rolling Stone Japan)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:Rolling Stone Japan

世界最大級のオーディオ・ストリーミング・サービス「Spotify」によるオンライン・イベント『Spotify presents Tokyo Super Hits Live 2020』が11月26日(木)に開催された。

写真19点:もっとライブ写真を見る

本イベントは、Spotifyが日本のポップ・シーンを彩る最新ヒット曲を世界の音楽ファンへ発信するプレイリスト『Tokyo Super Hits!』をコンセプトにしたもの。嵐、Perfume、End of the World、[Alexandros]、ビッケブランカ、Vaundy、マカロニえんぴつという国民的ポップ・スターから新鋭アーティストまで全7組がライブ・パフォーマンスとトークを展開。その模様はイープラスによる配信プラットフォーム「Streaming+」より、国内をはじめとする世界12の国と地域へ生配信された。オフィシャルレポートを掲載する。

この日のMCを務めたのはハリー杉山と三原勇希。軽快なトークでイベントの趣旨を説明した後、早速今夜の一番手としてマカロニえんぴつが登場。メンバー全員が音大出身の次世代ロックバンドとして注目を集める彼ら。1曲目は昨年発表のミニ・アルバム『LiKE』収録の人気曲「ブルーベリー・ナイツ」。センチメンタルなメロディ・ラインを、情感たっぷりのボーカルで歌い上げる。続く「恋人ごっこ」は、ボーカル・はっとり主演のMVでも話題となった1曲。ストリングスの音色も取り入れたサウンドで多幸感を演出。MCでは短い出演時間を惜しむ発言と、早くライブハウスやフェスで対面したいという思いを伝える。青春時代の残滓を歌ったかのような青さを湛えた「ヤングアダルト」でライブは終幕。短いながらも瑞々しいポップ・センスと安定感のある演奏を披露してくれた。

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。



コメントは受け付けていません。