嵐「人気絶頂」の活動休止が社会人の「キャリア観」を激変させる3つの理由(アーバン ライフ メトロ)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:アーバン ライフ メトロ

2019年1月、人気アイドルグループの「嵐」が2020年12月31日(木)をもって活動を休止すると発表され、日本中が衝撃と驚きに包まれました。

【ファンが投票】嵐で一番「歌が上手」「ダンスが上手」なメンバーは?

 同じく2019年の5月、嵐は「NHK東京2020オリンピック・パラリンピック放送スペシャルナビゲーター」に就任しましたが、その後、コロナ禍の影響で東京オリンピック・パラリンピックが1年延期となってしまいます。

 東京で繰り広げられる世界的スポーツ競技で彼らの姿を見ることはかなわないのか……。そんな落胆の声も聞かれるなか、それでもNHKは、嵐が引き続きスペシャルナビゲーターであることに変わりはないと表明しました。

 今、嵐というグループは、日本の芸能界を代表する唯一無二の存在なのだと思います。それなのに、なぜ活動休止してしまうの? と疑問を感じずにはいられないほど、絶頂期での活動休止発表―――。

 ジャニーズ事務所のホームページに掲載されている「弊社所属アーティスト『嵐』に関するご報告」には、活動休止に至る経緯について以下のように記されています。

「この度、『嵐としての活動を休止する』という結論に至りましたのは、メンバーの一人である大野の気持ちがきっかけとなりました」

 栄枯盛衰が激しい芸能界において、今まさに人気最高潮にあるグループが、自らの意思で活動休止を決断したこと。そのきっかけが、ひとりのメンバーの“気持ち”であったことは、今後も芸能史における忘れられない出来事のひとつとして人々の記憶に残り続けるはずです。

 そして、その記憶はただ記憶として残るだけでなく、生き方や働き方といった、自らの“キャリア”への向き合い方や、これからの組織のあり方のひとつのモデルケースとして世の中に受け入れられ、これまで人々が漠然と有してきたキャリア観に影響を及ぼすようになっていくのではないでしょうか。

【広告】

日本最大級のビデオオンデマンド

無料トライアル実施中!




コメントは受け付けていません。