市川海老蔵、長女・ぼたん&長男・勸玄の成長に驚き「俺とは違う…」 コロナ禍で歩む1年間に完全密着 (オリコン)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:オリコン

歌舞伎俳優の市川海老蔵一家に密着した日本テレビ系ドキュメンタリー『市川海老蔵に、ござりまする 2022』が、3日の午後3時から放送される。同局が毎年1月に送る同シリーズの第9弾となる今回は女優として初めて1人でドラマ出演した長女・ぼたん、そして歌舞伎俳優として極めて貴重な“8歳”の1年をもどかしい思いで過ごしながら、誰にも優しい心配りができる少年に育った長男・勸玄、海老蔵一家の1年にカメラが完全密着する。

【写真】厳しい演技レッスンを超え連ドラに挑戦した長女・ぼたん

 衝撃の『團十郎』襲名延期から、さらに1年。海老蔵と2人の子どもは、コロナ禍でも決してあきらめることなく、その時にできることにベストをつくして前進してきた。次々新たな挑戦に臨む子ども達。父であり師匠である海老蔵は「楽しいだけではだめ。苦しさの中に楽しさを、楽しさの中に苦しさを。それが芸の真髄」と我が子の著しい成長を見守りながらも伝え続ける。

 楽しみにしていた「新之助」襲名が延期になり、一時はがっかりしたという勸玄。そんな中、6月には海老蔵と2人きりで京都に滞在。カメラはYouTubeチャンネルでは見せない勸玄の素顔と想いを捉えていた。散歩中、初対面の子供たちとすぐ仲良くなる勸玄。その姿に海老蔵は「俺とは違う…」と驚く。しかし、本当は「弟か妹がほしい」という勸玄の想いを聞いて、複雑そうな表情が浮かぶ。

 そして10歳を迎えたぼたんにとって今年は挑戦の連続。3月には7年前に「初お目見得」で大泣きしてしまい、晴れの舞台がつとめられなかった熊本で、自分の「襲名披露」を行うことに。今回は無事に、公演を勤めることができるのか。夏休みから始まった、もう一つ大きな挑戦――。それは、10月から放送された同局連ドラ『二月の勝者』への出演。たった一人で臨んだ挑戦、初めての環境に不安ばかり。

 演技の先生は、ぼたんに容赦無く厳しい指導・熱い要求を何度も何度もぶつける。表情をこわばらせながらもセリフを繰り返し、しかしレッスンの後半、ぼたんの表情が変わる。長年一家を追い続けた取材班も見たことのない“女優・市川ぼたん”の姿がそこにはあったという。「この挑戦で彼女は変わった」と、箱入り娘を外に出す不安があったという海老蔵も、父として師匠として手ごたえを感じた貴重な経験となった。

 そして、世界が注目する東京2020オリンピック開会式。そのクライマックスに登場し、歌舞伎十八番「暫」の一場面を披露した海老蔵。世界に向けて日本の伝統文化を発信した大舞台は麻央さんとの“約束”でもあった。ぼたん・勸玄の時代を見据えて歩み続ける海老蔵の今のビジョンとは。また、放送当日に初日を迎える海老蔵一家出演『プぺル~天明の護美人間~」の公演の様子もいち早く届ける。

【広告】 更年期?

《経典薬方》十全大補丸


・冷えや顔色の悪さが悩みの方に
・産後、体力が回復しない方に

発汗を伴うめまい、手足の冷えの改善に

コメントは受け付けていません。