広瀬すず、宿命の相手は”姉”「友達であり、同業者であり、先輩でもある不思議な存在」(オリコン)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:オリコン

俳優の広瀬すずが12日、映画『流浪(るろう)の月』(5月13日公開)の完成披露試写会で舞台あいさつに登壇。

【動画】”宿命の相手”広瀬アリスについて語った広瀬すず

 舞台あいさつには広瀬のほか、松坂桃李、横浜流星、多部未華子ら出演者と、李相日監督が出席。映画の内容になぞらえ、”宿命の相手”を聞かれた広瀬は”姉”と回答。「一緒に過ごした時間は短いんですけど、姉妹であり、友達であり、同業者であり、先輩でもある、すごい不思議な距離感の存在なんだと思います。言葉で表せないですけど、客観的にいうと姉なのかなと思います」と姉・広瀬アリスへの思いを語った。

 最後には「この映画は共感や共有できる部分があるのかどうか…。一人一人きっと答えが違くて、でも私は更紗として生きた時間はすごく幸せで、自由な時間がたくさんありました。みんながほんとにお腹の中のマグマを吐き出しながら作った作品だと思うので、多くの方に見ていただきたいです」と呼びかけた。

 本作は、広瀬と松坂のダブル主演で、凪良ゆうの本屋大賞受賞作を李相日監督が実写映画化した話題作。10歳の時に、誘拐事件の“被害女児”となり、広く世間に名前を知られることになった女性・更紗(広瀬)と、その事件の“加害者”とされた当時19歳の青年・文(松坂)が、15年後に再会したことから始まる物語。15年後の更紗の恋人を横浜、文に寄り添う看護師を多部が演じる。

【広告】

【ファイテン公式】

 RAKUWA磁気チタンネックレスで

コリを緩和!




コメントは受け付けていません。