思っていた通りの映画ができた――「ワンダーウーマン 1984」監督が語る自信(映画.com)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:映画.com

大ヒットDC映画「ワンダーウーマン」の続編「ワンダーウーマン 1984」が、12月18日から全国公開された。前作に続きメガホンをとったパティ・ジェンキンス監督は、ワンダーウーマンを演じたガル・ギャドットと「最初から作りたいと思っていた通りの映画ができた」と話したことを明かし、本作への自信を語った。

【画像】渋谷も登場!? 「ワンダーウーマン1984」場面写真

 1984年、人々の欲望をかなえると声高にうたう実業家マックス(ペドロ・パスカル)の巨大な陰謀と、正体不明の敵チーター(クリステン・ウィグ)の出現により、最強といわれるワンダーウーマン(ギャドット)が絶体絶命の危機に陥る。

 本作から初登場となるワンダーウーマンの最強のガジェット“ゴールドアーマー”について、ジェンキンス監督は「新しいアーマーは入れたいと思っていました。原作に出てくるゴールドアーマーが大好きだったので、今回デザイナーと一緒に想像力を駆使してデザインしていきました。出来上がりは本当に気に入っているし、それを着たガルは本当に美しいですよね」と称える。装着には20分ほどかかるそうで、「すごく着心地が悪いんです。ガルには着たままアクションにも挑戦してもらったので、それも一つの冒険でした」と振り返る。

 前作の公開前には、ヒットを疑う声もあったそう。「最初は成功しないんじゃないかと言う人もいたけれど、私は絶対そんなことないって思っていたので、成功したことにそこまで驚いていないです。演出や、ガルがワンダーウーマンそのものというのがヒットした理由であると同時に、シンプルなヒーローの誕生物語だったというのも響いたと思います。ヒーローの映画はたくさん作られてきましたが、最近は悪役やサブストーリーに重点が置かれる作品や、長い話が続いていくことが増えていて、クラシックなオリジナルものが減っていました。観客が自分だったらどうするか考える作品が減っていたので、響いたのだと思います」と分析する。

 本作では、孤独を抱えたワンダーウーマンの内面も丁寧に描かれており、ギャドットと深く話し合った部分でもあるそう。「ワンダーウーマンはパワー的にはフルな状態ですが、ガルとはそんな彼女が今どんな気持ちでいるのかを話しました。孤独を感じているし、正体がばれる可能性や、いずれは相手だけ年を重ねていってしまうから、人と距離を置いていると考えました。ショッピングモールのシーンからこの映画を始めたのは、私にとってとても重要です。その後、彼女は一人で夕飯をとっています。そのことが、彼女が今どんな心境なのかを表現していると思います」

 初めて完成作を見たギャドットとはハグをして喜び合ったといい、「最初から作りたいと思っていた通りの映画ができたねと話しました。ガルに見てもらいたかった細かいディテールも見てもらえたので、私も嬉しかったです。この作品を作ることができて、私たちはなんてラッキーなんだ、そしてこれを世界の人と分かち合うことができる、お互いの存在がなくてはできなかったねって話したんです」と笑顔を見せていた。

【広告】


令和元年

週末を利用して何か新しい事に

チャレンジしてみては?

SUPやパラグライダーなどのアウトドア体験

ハーバリウムや陶芸体験などのインドア体験

まずは体験プログラムに参加してみよう。

体験プログラムから本格的に始めちゃうかも

体験プログラムであれば装備・道具の心配

もなく気軽に参加できますよ。

    ↓   ↓   ↓

コメントは受け付けていません。