悪名高き収容所の差し入れ事情とは? 「モーリタニアン 黒塗りの記録」本編映像(映画.com)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:映画.com

ジョディ・フォスター、ベネディクト・カンバーバッチが共演する「モーリタニアン 黒塗りの記録」の本編映像の一部が披露された。悪名高きグアンタナモ収容所の差し入れ事情が明らかになるシーンを収めている。

【動画】「モーリタニアン 黒塗りの記録」本編映像

 モハメドゥ・ウルド・スラヒの著書「グアンタナモ収容所 地獄からの手記」を題材に、グアンタナモ収容所に収監されたモーリタニア人の青年モハメドゥと、彼を救うべく奔走する弁護士たちの姿を描く。

 披露されたのは、グアンタナモ収容所に拘禁されているモハメドゥ(タヒール・ラヒム)のもとにナンシー弁護士(フォスター)が向かうシーン。バスでグアンタナモ基地を訪れたナンシー弁護士の姿が映り、軍人から「差し入れを買うならここでどうぞ」とアナウンスされる。

 バスの窓に映るのは、世界的に有名なファストフードチェーンのマスコットに似ている“彼”。商品を購入したナンシー一行を乗せたバスは、ついにグアンタナモ基地内の収容所に入っていく。

 そのファストフードチェーンは本当にグアンタナモ基地内にあり、キューバでありながら基地はアメリカ領なので、国内店という扱いになる。現地の人が買いたくても簡単に入れるところではなく、購入者は基地の関係者のみ。ハンバーガーはフィッシュバーガーだけとなっている。

 モハメドゥ本人は「映画では初回になっていたけど実際には、ナンシーは面会の度に色々と差し入れをしてくれていた。フィッシュバーガーも何度かあって食べたよ!」と話している。ちなみに、権利関係の問題で劇中ではファストフードチェーンの名前とロゴは出てこないが、本作のメガホンをとった監督の名はケビン・マクドナルドである。

 「モーリタニアン 黒塗りの記録」10月29日から全国公開。

【広告】

チャレンジしてみたら?

週末を利用して体験旅行はどうですか?

まずは体験プログラムで自分に出来そうか

見極めてみたら?

 

旅行先での遊び や、

週末の おでかけ 先をお探しなら

日本最大級のレジャー総合情報サイト

                    「asoview!(アソビュー)」

にお任せ。

↓   ↓   ↓


コメントは受け付けていません。