成田凌&前田敦子、悩める脚本家と不思議な人妻が異世界で恋 三木聡監督「コンビニエンス・ストーリー」8月5日公開(映画.com)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:映画.com

成田凌と前田敦子が出演し、三木聡が監督を務める「コンビニエンス・ストーリー」が、8月5日に公開されることがわかった。

 悩める脚本家が、欲しいものがなんでも見つかる不思議なコンビニエンス・ストアで、魅力的な人妻に出会う異世界アドベンチャー。企画は、ジャパンタイムズで日本映画の批評を行う映画評論家でプロデューサーのマーク・シリング。イタリアのウディネ・ファーイースト映画祭の日本映画のコンサルタントも務めるシリングが三、木聡監督の才能にほれ込みに本作をオファー。5年間ふたりで企画を温め誕生した異色作だ。

 成田が、とあることから異世界を彷徨うことになったスランプ中の若き脚本家(もしくは若き青年)を演じ、前田が不思議なコンビニ「リソーマート」で働く妖艶な人妻・恵子に扮する。「くれなずめ」(2021)で初共演を果たしたふたりが、異世界で出会い恋をする不思議な距離感のキャラクターで再共演する。

 スランプ中の若手脚本家・加藤(成田凌)。映画の企画を持ち込んでもまったく手ごたえがなく、悶々と悩む日々を過ごしている。恋人の愛犬・ケルベロスのペットフード「犬人間」を買いに出かけたはずが、ひょんなことから欲しいものがなんでも見つかるコンビニエンス・ストア「リソーマート」に迷い込む。そこで妖しげな人妻惠子(前田敦子)と出会い、創作意欲が湧き始めるのだが……。

 8月5日から、テアトル新宿ほか全国公開。

▼コメント

【成田凌】
念願の三木組。

デビュー前からご一緒したかった三木聡監督、ご一緒できて嬉しいです。

脚本を初めて読ませて頂いたときに、これだー。とガッツポーズしました。

不思議な世界へ皆様をお連れします。

ぜひ映画館でニヤニヤ見ていただけたらと思います。

【前田敦子】
コンビニの店員ですが異世界の方の店員。

なんだか普通では当たり前にいられない三木さんの世界観を思う存分味わえた撮影期間は終始夢見心地でした。

本作の三角関係はほんとに奇妙です笑

どんな映画になっているのか、私も楽しみです。

【三木聡(監督・脚本)】

「謎は謎だから謎であり、全ての謎は解けてしまえば謎ではない」

エレクトリックソウルマンの有名なセリフですが、その通りだと思います。

突然、現れる不可解な薬による不可解な眩暈と不可解な不倫の男女関係。

それは、成田凌、前田敦子はじめ濃密な俳優達との濃密な時間の中で醸成されて行きました。

果たして、この映画はどこに行こうとしているのか?

今となっては監督の私にすら判らないのです。

お願いです、探さないで下さい。

【広告】

              ふとんクリーナーのパイオニア

レイコップ

・レイコップだけの特許技術「光クリーンメカニズム」
・UV+たたき+吸引の3ステップで、効果的にハウスダストが除去できる!
・ハウスダスト除去率は3分90%以上!
・実感できる楽しさ、よく見えダストボックス
・実際ハウスダスト取れてるの?… 一目でわかるダストボックスを採用!




コメントは受け付けていません。