手塚治虫原作「新選組」や3年ぶりの“弥次喜多”宙乗りも「八月納涼歌舞伎」開幕(ステージナタリー)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:ステージナタリー

「八月納涼歌舞伎」が、昨日8月5日に東京・歌舞伎座で開幕した。

公演は3部構成となり、第1部では手塚治虫のマンガを原作とした「新選組」を上演。主人公の深草丘十郎を中村歌之助、その親友・鎌切大作を中村福之助が勤めるほか、近藤勇役の中村勘九郎、土方歳三役の中村七之助、芹沢鴨役の坂東彌十郎、坂本龍馬役の中村扇雀らが出演する。同じく第1部の舞踊「闇梅百物語」では、勘九郎、中村勘太郎、中村長三郎、七之助らが妖怪に扮して踊りを披露した。

【画像】「新選組」より。(他14件)

第2部の「安政奇聞佃夜嵐」は、明治の初めに起きた脱獄事件をもとに、1914年に古河新水(十二世守田勘弥)が書き下ろした作品。劇中では、人足寄場(監獄)で苦役の日々を過ごす青木貞次郎(松本幸四郎)と神谷玄蔵(勘九郎)の2人が、隅田川を渡る脱獄を計画するところから始まる物語が描かれる。また第2部後半の舞踊「浮世風呂」では市川猿之助が小粋な三助政吉、艶っぽい女なめくじを市川團子が勤める。

第3部は、幸四郎演じる弥次郎兵衛、猿之助演じる喜多八を描く「東海道中膝栗毛 弥次喜多流離譚(やじきたリターンズ)」。本シリーズが歌舞伎座で上演されるのは3年ぶりだ。前回、伊勢神宮の花火で天高く打ち上げられた弥次喜多の2人は、遠く離れた無人島にたどり着く。彼らは古巣である歌舞伎座の閉館の危機を救うため、歌舞伎座を目指し……。本作には市川染五郎、團子も登場し、これまで演じてきた梵太郎と政之助に加え、本シリーズで初となる女方の役にも挑む。今年92歳となる市川寿猿のゴンドラでの宙乗り、弥次郎兵衛、喜多八、梵太郎、政之助による宙乗りで、客席は大いに盛り上がった。

公演は8月30日まで。

■ 「八月納涼歌舞伎」
2022年8月5日(金)~30日(火)
東京都 歌舞伎座

□ 第1部
一、「新選組」
原作:手塚治虫
脚本:日下部太郎

出演
深草丘十郎:中村歌之助
鎌切大作:中村福之助
近藤勇:中村勘九郎
土方歳三:中村七之助
仏南無之介:中村橋之助
沖田総司:中村虎之介
娘八重:中村鶴松
庄内半蔵:片岡亀蔵
芹沢鴨:坂東彌十郎
坂本龍馬:中村扇雀

※手塚治虫の「塚」は旧字が正式表記。

二、「闇梅百物語」
作:三世河竹新七

出演
骸骨 / 読売:中村勘九郎
傘一本足:中村種之助
河童:中村虎之介
小骸骨 / 読売:中村勘太郎
小骸骨 / 読売:中村長三郎
籬姫:中村鶴松
新造:片岡千之助
狸:中村橋之助
小姓白梅 / 雪女郎:中村七之助

□ 第2部
一、「安政奇聞佃夜嵐 佃島寄場島抜けより甲州金鉱洞穴まで」
原作:古河新水
脚色:巖谷槇一
補綴・演出:今井豊茂

出演
青木貞次郎:松本幸四郎
神谷玄蔵:中村勘九郎
おさよ:中村米吉
木鼠清次:中村隼人
上州屋倅半次郎:中村玉太郎
三好野亀次郎:市川猿弥
元締宇野与兵衛:澤村由次郎
飯屋女房お米:市村萬次郎
おさよの父義兵衛:坂東彌十郎

二、「澤瀉十種の内 浮世風呂」
作:木村富子

出演
三助政吉:市川猿之助
なめくじ:市川團子

※澤瀉屋の「瀉」のつくりは、わかんむりが正式表記。

□ 第3部
「東海道中膝栗毛 弥次喜多流離譚(やじきたリターンズ)」
原作:十返舎一九
構成:杉原邦生
脚本:戸部和久
脚本・演出:市川猿之助

出演
弥次郎兵衛:松本幸四郎
総長シー子:坂東新悟
子分ジャック:大谷廣太郎
芹沢綾人:中村隼人
旗持ちトラ:市川男寅
親衛隊長タカミ:中村鷹之資
旗持ちオタマ:中村玉太郎
伊月梵太郎 / 娘オリビア:市川染五郎
五代政之助 / 娘お夏:市川團子
下剃虎奴:市川青虎
家族商店店長寿知喜:市川寿猿
特攻隊長ムネ:澤村宗之助
海賊王ジョニー・テープ:松本錦吾
緑婆奈々夫人:市川笑三郎
天照大神:市川笑也
父次右衛門:市川猿弥
釜掛之丞:片岡亀蔵
ザブエル:市川門之助
副支配人つる紫:市川高麗蔵
喜多八:市川猿之助

【広告】  漢方由来のヘアーケアー

美髪素


・白髪や抜け毛が気になりだした方に
・黒く艶やかで美しい毛髪にしたい方に

明朝時代の処方を基に作られた漢方薬です。

コメントは受け付けていません。