数々の経営危機を抱えたディズニーCEOボブ・チャペック、3年間の契約延長が決定(IGN JAPAN)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:IGN JAPAN

2020年にディズニーの手綱を握って以来、ディズニーCEOのボブ・チャペックが歩んだ道は必ずしも平坦だったとは言えない。新型コロナウイルスのパンデミックにより世界中のテーマパークが閉鎖されたり、ボブ・アイガー前CEOとの確執が報じられたり、チャペックは次から次へと危機を乗り越えなければならない、多くの問題を抱えた経営者として見られるようになった。
しかし本日、チャペックは大きな信任票を得たようだ。Varietyによると、ディズニーの取締役会が、氏の契約をさらに3年延長することを満場一致で決議したという。

「ディズニー」画像・動画ギャラリー

スーザン・アーノルド会長は声明で、「ディズニーはパンデミックで厳しい状況に置かれましたが、ボブの指揮のもとパークからストリーミングまで、当社のビジネスは嵐を乗り切っただけでなく力強く浮上しました」と述べている。
「成長と変革の重要な時期に、取締役会はディズニーが今日(こんにち)のような成功の道を歩み続けることを約束し、ボブのリーダーシップはその目標達成の鍵になるでしょう。ボブはウォルト・ディズニー・カンパニーにとって適切な時期における適切なリーダーであり、取締役会は彼と彼が率いるチームに全幅の信頼を置いています」
『ブラック・ウィドウ』を配信サービスと劇場で同時公開し、主演のスカーレット・ヨハンソンがディズニーを提訴するなど重大な決定事項への対応について批判を浴びたものの、今回の契約延長が実現した。またチャペックは、フロリダ州で成立した「Don't Say Gay(ゲイと言ってはいけない)法案」を巡る争いで、怒れる社員と共和党の間に挟まれて窮地に立たされた。
チャペックは、今回の契約延長について取締役会の支援に感謝の意を表し、ディズニーを率いることは “生涯における名誉 ”だと述べている。
今後3年間はディズニーをパンデミックから回復させるだけでなく、激しい競争の中でDisney+を成長させ続け、これまで以上に安定した人気作品に頼れるよう、チャペックのリーダーシップが試され続けることになる。
一方で短期的には、チャペックをはじめとするディズニーは、2022年7月8日に日米同時公開される『ソー:ラブ&サンダー』から得られる利益を享受することができるだろう。

【広告】 更年期?

《経典薬方》全鹿滋腎丸

<

・体のだるさ、痛みを感じる方に
・眠りが浅い、眠れないと悩んでいる方に

腰や膝を始めとする身体機能の衰えやだるさ、      睡眠の質などの改善に

コメントは受け付けていません。