斎藤工、安産祈願に神主も困惑 『ヒヤマケンタロウの妊娠』本編映像解禁(オリコン)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:オリコン

俳優の斎藤工、上野樹里が共演する、テレビ東京と共同企画・制作したNetflixオリジナルシリーズ『ヒヤマケンタロウの妊娠』(4月21日、Netflixにて全世界同時独占配信)より、男女の役割の固定観念の逆転をコミカルに描いた本作の象徴的な本編シーンが解禁となった。

【動画】神主も男性の妊娠に困惑!? 安産祈願シーン

 原作は、坂井恵理氏による同名漫画(BE LOVE KC/講談社)。「もし、男性が妊娠したら?」をテーマに男女の役割の固定観念の逆転をコミカルに描きながら、妊娠をきっかけに今まで見てこなかった社会のさまざまな問題に直面した主人公が、奮闘しながらも徐々に周囲の人とそして自分自身を変えていく姿を描いた成長の物語。主人公の桧山健太郎役を斎藤、そのパートナー・瀬戸亜季役を上野が演じる。

  “スマートに生きる”ことを信条に第一線で仕事をこなし、特定の恋人も作らず人生を謳歌していた桧山は、ある日突然自分が妊娠していることを知る。男性の妊娠はかなり珍しい中で、自身に訪れた予想外の出来事に慌てふためく桧山。仕事優先で結婚や出産は二の次だったパートナーの亜季も戸惑いを隠せない。紆余曲折を経て出産を決意した桧山と亜季だったが、社会から向けられる予想外の眼差しや妊娠によるキャリアの壁、妊娠した男性への偏見を身をもって体験することになる…。

 今回解禁されたのは、出産を決意した桧山とパートナーの亜季が、神社で安産祈願を行う様子と神主のやり取りのシーン。“母子ともに”健康に出産できるよう神社へご祈祷に行く風習である安産祈願。ご祈祷後、神主は明らかにお腹が目立っている桧山を差し置いて、亜季に“母子”の健康を願う言葉をかけ、授与品を渡すが、その帰り道に桧山は亜季に「絶対にわざとだろ」と納得がいかない様子。世の中の固定観念、そしてその固定観念を目の当たりにすることで徐々に自身の先入観から解放され、物事を多角的に見られるようになっていく桧山。

 このシーンが見られるのは、まだまだ物語中盤。当事者になったことで社会に満ちあふれる思い込みや無意識の偏見に気が付いた桧山が、亜季とともにどう向き合っていくのか、興味をそそられる映像だ。


コメントは受け付けていません。