新海誠『すずめの戸締まり』11.11公開決定 ヒロイン描くビジュアルも解禁(クランクイン!)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:クランクイン!

新海誠監督3年ぶりとなる新作アニメ映画『すずめの戸締まり』の公開日が11月11日に決まり、ポスタービジュアルと特報場面カットが解禁された。併せて、特報映像が4月10日20時にYouTubeにてプレミア公開されることも発表された。

【写真】廃墟と化した集落を歩くヒロイン・すずめ 『すずめの戸締まり』特報場面カット

 本作は、『君の名は。』『天気の子』など話題作を手掛けてきた新海監督のアニメ映画最新作。日本各地の廃墟を舞台に、災いの元となる“扉”を閉めていく旅をする少女・すずめの解放と成長の物語を描く。原作・脚本を監督自ら務め、キャラクターデザインを田中将賀が担当する。

 これまでヴェールに包まれてきた特報映像は、4月10日20時にYouTube「東宝MOVIEチャンネル」にてプレミア公開される。これに先駆けて公開された1枚の場面カットに描かれているのは、かつて小さな温泉街だったと思われる集落。崩れかけた旅館、ツタの絡まった家屋、錆びた看板など、人がいなくなって廃れてしまった場所を歩くすずめの後ろ姿。

 新海監督は、「あちこちで開け放しにし続けてきてしまった扉を、どのように閉めることが出来るのか。それをすずめに託し、戸締まりをしながら日本列島を旅する物語を作っています。笑顔と昂ぶりを、観終えた後に残せるような映画にしたいのです。」とコメントしている。扉を“閉じていく物語”とは一体どのような内容なのか。ビジュアルでわずかに垣間見えた世界に期待が高まる。

 アニメ映画『すずめの戸締まり』は2022年11月11日公開。

コメントは受け付けていません。