日向坂46・丹生明里、松田好花、上村ひなのが振り返る『ひらがな推し』 “成功”と“失敗”の経験、バラエティーでの苦労とは(クランクイン!)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:クランクイン!

メンバー個々もバラエティー界で大活躍のアイドルグループ・日向坂46。放送中の冠番組『日向坂で会いましょう』(テレビ東京/毎週日曜25時5分)などで見せる、彼女たちのバラエティー対応力には定評がある。しかし、その力は一朝一夕で培われたものではない。けやき坂46時代の冠番組『ひらがな推し』(テレビ東京)での“成功”と“失敗”の経験を経て、今の彼女たちがある。当時から現在まで、バラエティーの現場でどんな苦労を味わってきたのか。『ひらがな推し』ブルーレイ第2弾の発売を機に、丹生明里、松田好花、上村ひなのに振り返ってもらった。

【写真】けやき坂46時代の『ひらがな推し』を振り返った日向坂46・丹生明里、松田好花、上村ひなの

――ひらがなけやき(けやき坂46の愛称)時代、2018年~2019年の1年間にわたり放送されていた『ひらがな推し』は皆さんにとって初の冠バラエティー番組。その後、日向坂46への改名とともに現在放送中の『日向坂で会いましょう』へリニューアルされました。『ひらがな推し』時代はどんな思いで収録に臨んでいましたか?

松田:ソロでのバラエティー出演もめったにない時期でしたし、自分たちの番組ではあるけど緊張感も強かったです。ファンの皆さんに、メンバーそれぞれ「どんなキャラクターか」と知っていただける場所でもあったし、気合いを入れて収録に臨んでいました。今の「ひなあい(『日向坂で会いましょう』の愛称)」でも姿勢は変わらないんですけど、頑張っていました。

丹生:みんなカッチカチだった(笑)。当時は今以上になかなかしゃべれなくて。企画で取り上げていただくと話せるんですけど、ひな壇での出番しかないときは一言も話せずに終わってしまう収録もありました。発言するのは緊張していたけど、「ひなあい」も含めて年数を重ねるごとに慣れてきて。ひな壇からのガヤも一期生でキャプテンの(佐々木)久美さんを筆頭に、誰かが何か言ったとき「いやいや~」といったリアクションを取れるようになりました。

久美さんがガヤで頑張ってくれるから、私も頑張ろうと思って。自分たちで番組を盛り上げなきゃという意識も強くなりましたし、オンエアでカットされても今では『ひらがな推し』時代より動じなくなりました(笑)。

上村:私は途中から三期生として1人で加入(2018年11月)したので、最初の頃はずっと見ていた番組へ出演する緊張感もありました。MCのオードリーさんや先輩たちに囲まれながら、温かい雰囲気の中で少しずつ気持ちがほぐれていって。自分にとっての学びの場で、今の「ひなあい」に生きている部分もあります。

――学んだこととは例えば?

上村:ちょっとスベってしまったときは、その後の対応が大事という考え方とか。とっさの一言でグンと面白くなるときもありますし、グループのバラエティー番組に出演していなかったら、学べなかったことがたくさんありました。

――今や、メンバー個々もバラエティー界で活躍する日向坂46。その基礎を番組で多く学んだというのが伝わってきました。『ひらがな推し』時代は慣れない中でもあったと思いますが、それでも自分なりに「爪痕を残した!」と思えた放送回を教えてください。

松田:オードリー・春日(俊彰)さんの進行で、漫画「キン肉マン」についての知識を披露した「『へのつっぱりはいらんですよ!』キン肉マンを習得しよう!」です。事前に資料をいただいて、テスト勉強のように楽しみながら準備していきました。学んだことを収録で生かせたし、そこで注目してくださったファンの方もいらっしゃったので。われながら、当時はよく頑張ったなと思います(笑)。

丹生:ファンの皆さんに「よかった」とおっしゃっていただいたのは「けやき坂46ぶりっこ選手権!」でした。放課後の教室で春日さんからの告白を促す演技で「シチュエーションすごくよかった」といろんな方におっしゃっていただいて。脚本を担当し、告白された瞬間に流した音楽(supercell「君の知らない物語」)も自分で選びました。「ここでこの曲を流したらエモいだろうな」と、考えながら選んだのも楽しくて。当時は演技する機会もほぼなかったけど、たくさんの反響をいただいてうれしかったです。

上村:私はやっぱりスタジオ初登場だった「新メンバー 上村ひなのの事をみんなでもっと知ろう!」です。初登場なのに、なんと私1人にスポットライトを浴びせていただいて(笑)。先輩の皆さんも私をよく知らない頃でしたし、自己紹介ができてうれしかったです。スタジオへ初めて入ったのもその回だったので「こうやってセットが作られているんだ」「こうやってカメラさんが撮ってくださるんだ」と、収録の様子を初めて知った場でもありました。当時披露した「ソーシャルマナー3級」のフレーズであったり、今でも反響をいただくのでインパクトが強かったのかなと思います。

【広告】

日本最大級のビデオオンデマンド

                                    <U-NEXT>

無料トライアル実施中!




コメントは受け付けていません。