日向坂46・渡邉美穂、涙のラストステージ 5年の活動に感謝「グループが大好きで、メンバーが大好き」(クランクイン!)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:クランクイン!

日向坂46の二期生・渡邉美穂の卒業公演「渡邉美穂卒業セレモニー」が28日、東京国際フォーラム ホールAで開催。グループの前進・けやき坂46への加入から約5年。笑顔と涙に包まれたステージで渡邉は「グループが大好きで、メンバーが大好きで。絶対絶対、みんなには幸せになってほしいです」と思いを伝えた。

【写真】「渡邉美穂卒業セレモニー」ライブフォト(24枚)

 メンバー22人全員で臨んだグループ初の“卒業セレモニー”では、二期生の楽曲「半分の記憶」「沈黙が愛なら」「恋した魚は空を飛ぶ」など、全15曲を披露。渡邉に関するクイズコーナーではステージが笑顔に溢れ、グループの冠番組『日向坂で会いましょう』(テレビ東京/毎週日曜25時5分)でMCを務めるお笑いコンビ・オードリーの2人からは、サプライズのビデオメッセージが届いた。

 アンコールで渡邉は「最後まで空を感じていたい」という理由で選んだ、グループカラーを連想させる“空色”のドレスを着て登場。静かに見守る客席を前に、卒業への思いを語り始めた。

 4月の卒業発表から「正直、ずっと実感が湧かなくて」と明かした渡邉は「今この瞬間も『私って本当に卒業するのかって思うくらい本当に信じられないんですね。それくらいこの日向坂46っていうのが私の人生の一部になっていて」と吐露。「すごい寂しいなとも思うけど、幸せだなと思って。メンバーって本当に家族みたいな存在で。メンバー以外にもいつも支えてくださってる周りの方々だったり、おひさま(ファンの愛称)の皆さんも本当に私にとってはとっても大切な人たちで、そんな人たちに囲まれて、今この場を迎えられるって本当に幸せだなって思います」と笑顔で伝えた。

 約5年間の活動では「『自分が今、どういう状態で周りからどう見られているのかな』とかも、やっぱりすごく悩んだんですよ。『あんまり成長できてないんじゃないかな』とか、皆さんの期待に応えられていないんじゃないかって、すごい悩むこともあった」と回想。涙ながらに「卒業発表してから、自分の思っている以上にいろんな人から愛を与えてもらえて、自分ってこんなに愛されていたんだなって初めて知りました」と語り、「今この瞬間、こんなにもたくさんの人に私は常に見守ってもらえてたんだなって強く感じました。幸せだなって言葉では収まりきらないくらい、本当に生きててよかったなって。この道に来てよかったなってそう思います」と振り返った。

 支え続けてくれたファン、スタッフ、自分の家族へ感謝を伝え、メンバーへの思いも吐露。先輩の一期生に対しては「明るさに私も本当に励まされたし、やっぱりこの“ハッピーオーラ”の根源というか、一期生さんがいなかったらきっと作られなかったもの」と話し「こんなすてきな先輩の元で、後輩できてよかった」と感謝。「卒業したら『これからは親友になれるね』と言ってもらえて、その言葉で私は前を向くことができました」と語った。

 後輩の三期生に対しては「少ない人数(4人)なんですけど、私はみんなの雰囲気がすごく大好き」と話し、「本当にすてきな後輩で。どんどんどんどん成長していく姿が感じられて、すごく頼もしいなと思っていました。これからは私は外で見守ることになるけど、たぶん、毎回のライブとかのたびに成長した姿を見せてくれるのかなって楽しみにしています」と期待を込めた。

【広告】

チャレンジしてみたら?

週末を利用して体験旅行はどうですか?

まずは体験プログラムで自分に出来そうか

見極めてみたら?

 

旅行先での遊び や、

週末の おでかけ 先をお探しなら

日本最大級のレジャー総合情報サイト

                    「asoview!(アソビュー)」

にお任せ。

↓   ↓   ↓


コメントは受け付けていません。