“日本のソン・ガンホ”のイメージで古田新太を起用 「空白」吉田恵輔監督が明かす(映画.com)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:映画.com

「ヒメアノ~ル」「BLUE ブルー」を手掛けた吉田恵輔監督の最新作「空白」のトークイベントが9月8日、都内で行われ、古田新太、寺島しのぶ、吉田監督が登壇。作品タイトルにちなみ、真っ白に装飾された会場に全員真っ白な衣装で登場した。

【動画】演技合戦にも注目 「空白」予告映像

 本作は、「新聞記者」「MOTHER マザー」など意欲作を次々と生む「スターサンズ」の河村光庸プロデューサーと吉田監督がタッグを組み、オリジナル脚本で挑むヒューマンサスペンス。

 中学生の少女・添田花音(伊藤蒼)がスーパーで万引きしようとしたところを店長の青柳直人(松坂桃李)に見つかり、追いかけられた末に車に轢かれて死亡する。娘のことなど無関心だった花音の父・充(古田)は、せめて彼女の無実を証明しようと、店長を激しく追及するうちに、その姿も言動も恐るべきモンスターと化し、関係する人々全員を追い詰めていく。

 古田は「脚本を読んだ時、なんで俺と思った。ひとつも作品(の中で)でふざけてないから」と振り返り、出演は「たまたまスケジュール空いてたからね」とにっこり。スーパーの店員・草加部麻子を演じた寺島は「すごいキャラクターだからあんまりやりたくない役だったけど(笑)、監督のお話を聞いて、やはり本がとても良かったのでそれでやる気にさせられました」と明かした。

 吉田監督は「この脚本を書いているとき、韓国ノワールっぽさを感じたんですよね。ソン・ガンホが頭に浮かんで、日本の俳優でいうと……『あ、古田さんだ』とハマったので、イメージしながら書きました。あとは、古田さんのスケジュールが空いていたからです(笑)」と当て書きしたことを告白。「上手い人たちだけを呼びたいと思って作品を作りました。芝居ってこういうことなんだ、という経験したことのない“奇跡“をこのお芝居で感じました。それは映画の中に宿っているので、是非みなさまに感じて欲しいです」と呼びかけていた。

 「空白」は9月23日から全国公開。

【広告】 更年期?

《経典薬方》知柏八味丸

<

・眠れない、やる気が出ないとお悩みの方に
・ストレスが溜まっていると感じる方に

貧血や動悸、睡眠不足、記憶力の低下、倦怠感、     肌の乾燥などに

コメントは受け付けていません。